ニュース&トピックス

【合格速報】ひたすら何度もテキストに目を通すこと。自己採点103、104/120点。 (平成29年香川、岡山)

勉強期間

約7か月
4月から受講を始め、初めは流し程度に聴いていて実質 集中して取り組んだのは7月からです。
文系学部出身で医薬品とは縁もなく、知識0からのスタートでしたが満足のいく結果となりました。

使用教材

・アフロ先生の合格テキスト
・アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 この2点です。

正確には、
最後の追い込みに約1ヶ月間 「手引き」にも目を通しましたがそれは「過去問」での合格点は難なく取れている一方で初見の文章(※問題文)と遭遇することがあり、本番に備え精神的余裕を持つためでした。
(※2章「歯」「舌」「外耳」の項目等)

テキストの完成度

受験を終えて改めて感じていることは、テキストの完成度の高さです。
受講の際に岩堀先生は
・これさえ押さえれば合格出来る
・これが覚えられなければ受かりません
と仰っておられた その意味 が本当にわかりました。

時間のない人向けの内容であると銘打っておられたので「ギリギリ合格点に届く内容なのかな」と当初は不安もありましたが、そんなことは全然なく「手引き」全てに目を通した際に 岩堀先生のテキストの網羅性 に気付き自信も湧きました。
手引きの大方9割は網羅されており、目の行き届かない注釈に関してもしっかり取捨選択されていて高い水準で分析されてることに素人ながら感じました。

事実、どの章も満点こそ取れませんでしたが落としてしまった問題は自身の詰めが甘かったもので、テキストには載ってあるものです。

アフロ先生の仰る通り ひたすら何度もテキストに目を通してください。

今後 受験を控えてる方へのアドバイスを強いて挙げるなら アフロ先生の仰る通り ひたすら何度もテキストに目を通すこと。
そして 少しでも合格を確実にするには [漢方処方製剤・生薬] の学習を絶対に怠らないこと。
というのも、本番では即答出来る問題が多く 〇点確保出来ているか 把握出来るので精神的にも気がラクでした。
地域によっては章ごとの足切りラインが異なるのでこういった問題を確実に抑えることで気持ちに余裕が生まれます。
テキストを済ませた方であれば、手引きで肉付けすることをオススメしたいです。

長くなりましたが改めてアフロ先生のテキストと出逢えて良かったです。まだ半年ほど受講期限は残っているので視聴も続けたいと思います。本当に本当にありがとうございました。

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia