ニュース&トピックス

【アフロ先生の解答解説】H29年 奈良県 ー1章医薬品に共通する特性と基本的な知識 問14


H29年度登録販売者試験奈良県】について、アフロ先生による「全問解答解説を公開!!

試験を受けて確認されたい方も、これから試験の方も、
ぜひご参考にお使いください。

※以下、問題の下にある「+アフロ先生の解答解説はこちらをクリック」を押していただくとみることができます。

>>>1章全解説はこちらから(無料公開中!)

1章医薬品に共通する特性と基本的な知識 【問14】

問題 14
セルフメディケーションに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選び
なさい。

a 一般用医薬品を一定期間若しくは一定回数使用しても症状の改善がみられない又
は悪化したときには、医師の診療を受ける必要がある。
b 一般用医薬品で対処可能な範囲は、乳幼児や妊婦等でも通常の成人の場合と変わ
らないので、特に留意する必要はない。
c セルフメディケーションの主役は、一般の生活者であるため、情報提供は、常に
医薬品の販売に結びつけるものとし、医薬品の使用によらない対処を勧めてはなら
ない。
a b c
1 誤 正 正
2 正 正 正
3 正 誤 正
4 誤 正 誤
5 正 誤 誤

アフロ先生の解答解説はこちらをクリック

正解:5

a 正。
b 誤。乳幼児や妊婦等ではその範囲は限られてくる。
c 誤。必ずしも医薬品の販売に結び付けるのではなく医薬機関の受診を勧めたり、医薬品の使用によらない対処を進めることが適切な場合もある。
(p13、Ⅲ-1)より)

>>>【無料公開中!!アフロ先生解答解説】H29登録販売者試験 【奈良ブロック】1章医薬品に共通する特性と基本的な知識(20 問)

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia