ニュース&トピックス

【アフロ先生の解答解説】H29年 奈良県 ー1章医薬品に共通する特性と基本的な知識 問15


H29年度登録販売者試験奈良県】について、アフロ先生による「全問解答解説を公開!!

試験を受けて確認されたい方も、これから試験の方も、
ぜひご参考にお使いください。

※以下、問題の下にある「+アフロ先生の解答解説はこちらをクリック」を押していただくとみることができます。

>>>1章全解説はこちらから(無料公開中!)

1章医薬品に共通する特性と基本的な知識 【問15】

問題 15
一般用医薬品の販売時のコミュニケーションに関する記述の正誤について、正しい組
み合わせを1つ選びなさい。

a 必ずしも情報提供を受けた当人が医薬品を使用するとは限らないことを踏まえ、
販売時のコミュニケーションを考える必要がある。
b 一般用医薬品は、家庭における常備薬として購入されることも多いため、購入者
側でその医薬品がすぐに使用される状況にあるかについて確認する必要はない。
c 購入者等が医薬品を使用する状況は、随時変化する可能性があるため、販売数量
は一時期に使用する必要量とする等、販売時のコミュニケーションの機会が継続的
に確保されるよう配慮することも重要である。
d 購入者側に情報提供を受けようとする意識が乏しく、コミュニケーションが成立
しがたい場合は、個人のプライバシーに配慮し情報収集・情報提供とも行ってはな
らない。
a b c d
1 誤 正 誤 正
2 正 誤 正 誤
3 正 正 誤 正
4 正 誤 正 正
5 誤 正 正 誤

アフロ先生の解答解説はこちらをクリック

正解:2

a 正。
b 誤。必要がある。
c 正。
d 誤。そうした場合であっても、購入者から医薬品の使用状況に係る情報をできる限り引き出し、可能な情報提供を行っていくためのコミュニケーション技術を身に着けるべきである。
(P15より )※参考ページは、試験問題の作成に関する手引きhttp://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/sikentebiki_3.pdf )を示しています。

>>>【無料公開中!!アフロ先生解答解説】H29登録販売者試験 【奈良ブロック】1章医薬品に共通する特性と基本的な知識(20 問)

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia