ニュース&トピックス

【アフロ先生の解答解説】H29年 奈良県 ー1章医薬品に共通する特性と基本的な知識 問16


H29年度登録販売者試験奈良県】について、アフロ先生による「全問解答解説を公開!!

試験を受けて確認されたい方も、これから試験の方も、
ぜひご参考にお使いください。

※以下、問題の下にある「+アフロ先生の解答解説はこちらをクリック」を押していただくとみることができます。

>>>1章全解説はこちらから(無料公開中!)

1章医薬品に共通する特性と基本的な知識 【問16】

問題 16
プラセボ効果に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

a 医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に薬理作用によらない作用を生じるこ
とをプラセボ効果という。
b プラセボ効果は、主観的な変化だけで、客観的に測定可能な変化として現れるこ
とはない。
c プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待(暗示
効果)や、条件付けによる生体反応等が関与して生じると考えられている。
d プラセボ効果によってもたらされる反応や変化は、望ましいもの(効果)のみで
ある。
1(a、b)
2(a、c)
3(b、d)
4(c、d)

アフロ先生の解答解説はこちらをクリック

正解:2

a 正。
b 誤。現れることもあるが不確実である。
c 正。
d 誤。不都合なものもある。
(p12,5)プラセボ効果より)※参考ページは、試験問題の作成に関する手引きhttp://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/sikentebiki_3.pdf )を示しています。

>>>【無料公開中!!アフロ先生解答解説】H29登録販売者試験 【奈良ブロック】1章医薬品に共通する特性と基本的な知識(20 問)

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia