ニュース&トピックス

【アフロ先生の解答解説】H29年 奈良県 ー1章医薬品に共通する特性と基本的な知識 問17


H29年度登録販売者試験奈良県】について、アフロ先生による「全問解答解説を公開!!

試験を受けて確認されたい方も、これから試験の方も、
ぜひご参考にお使いください。

※以下、問題の下にある「+アフロ先生の解答解説はこちらをクリック」を押していただくとみることができます。

>>>1章全解説はこちらから(無料公開中!)

1章医薬品に共通する特性と基本的な知識 【問17】

問題 17
高齢者の医薬品の使用に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさ
い。

a 高齢者には嚥下障害がある場合であっても、内服薬を使用する際に喉に詰まらせ
るおそれはない。
b 高齢者は、持病(基礎疾患)を抱えていることが多く、一般用医薬品の使用によ
って基礎疾患の症状が悪化したり、治療の妨げとなる場合がある。
c 医薬品の使用上の注意においては、おおよその目安として60歳以上を「高齢者」
としている。
d 一般用医薬品の販売等に際しては、実際にその医薬品を使用する高齢者の個々の
状況に即して、適切に情報提供や相談対応することが重要である。
1(a、b)
2(a、c)
3(b、d)
4(c、d)

アフロ先生の解答解説はこちらをクリック

正解:3

a 誤。つまらせやすい。
b 正。
c 誤。65歳
d 正。
(P9,10(b) 高齢者より)※参考ページは、試験問題の作成に関する手引きhttp://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/sikentebiki_3.pdf )を示しています。

>>>【無料公開中!!アフロ先生解答解説】H29登録販売者試験 【奈良ブロック】1章医薬品に共通する特性と基本的な知識(20 問)

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia