ニュース&トピックス

【アフロ先生の解答解説】H29年 奈良県 - 2章 人体の働きと医薬品 問17


H29年度登録販売者試験奈良県】について、アフロ先生による「全問解答解説を公開!!

試験を受けて確認されたい方も、これから試験の方も、
ぜひご参考にお使いください。

※以下、問題の下にある「+アフロ先生の解答解説はこちらをクリック」を押していただくとみることができます。

>>>2章全解説はこちらから(無料公開中!)

2章 人体の働きと医薬品 【問17】

問題 17
皮膚に現れる医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ
選びなさい。

a 接触皮膚炎は、原因となる医薬品と接触してから発症するまでの時間は様々であ
るが、医薬品が触れた皮膚の部分にのみ生じ、正常な皮膚との境界がはっきりして
いるのが特徴である。
b 接触皮膚炎は、通常は1週間程度で症状は治まるが、再びその医薬品に触れると
再発する。
c 薬疹は、医薬品の使用後1~2週間で起きることが多く、長期使用後に現れるこ
とはない。
d 光線過敏症は、貼付剤では、それを剥がしてしまえば発症することはない。

a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 正 誤 誤
3 正 誤 誤 正
4 正 正 正 誤
5 誤 誤 正 正

アフロ先生の解答解説はこちらをクリック

正解:2

a 正。
b 正。
c 誤。現れることはある。
d 誤。発症することがある。
(※参考 手引きP53,54)

>>>【無料公開中!!アフロ先生解答解説】H29登録販売者試験 【奈良ブロック】2章 人体の働きと医薬品(20 問)

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia