ニュース&トピックス

【アフロ先生の解答解説】H29年 奈良県 - 3章 薬事に関する法規と制度 問4


H29年度登録販売者試験奈良県】について、アフロ先生による「全問解答解説を公開!!

試験を受けて確認されたい方も、これから試験の方も、
ぜひご参考にお使いください。

※以下、問題の下にある「+アフロ先生の解答解説はこちらをクリック」を押していただくとみることができます。

>>>3章全解説はこちらから(無料公開中!)

3章 薬事に関する法規と制度 【問4】

問題 4
毒薬又は劇薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

a 一般用医薬品で毒薬又は劇薬に該当するものがある。
b 劇薬については、容器等に白地に赤枠、赤字をもって、当該医薬品の品名及び
「劇」の文字が記載されていなければならない。
c 毒薬及び劇薬は、単に毒性、劇性が強いものだけでなく、薬効が期待される摂取
量(薬用量)と中毒のおそれがある摂取量(中毒量)が接近しており安全域が狭い
ため、その取扱いに注意を要するもの等が指定される。
d 業務上毒薬又は劇薬を取り扱う者は、それらを他の物と区別して貯蔵、陳列しな
ければならず、それらを貯蔵、陳列する場所については、かぎを施さなければなら
ない。

a b c d
1 正 誤 正 正
2 誤 正 正 誤
3 正 正 誤 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 正

アフロ先生の解答解説はこちらをクリック

正解:2

(※参考 手引き P207)

>>>【無料公開中!!アフロ先生解答解説】H29登録販売者試験 【奈良ブロック】3章 薬事に関する法規と制度(20 問)

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia