ニュース&トピックス

【アフロ先生の解答解説】H29年 奈良県 - 3章 薬事に関する法規と制度 問7


H29年度登録販売者試験奈良県】について、アフロ先生による「全問解答解説を公開!!

試験を受けて確認されたい方も、これから試験の方も、
ぜひご参考にお使いください。

※以下、問題の下にある「+アフロ先生の解答解説はこちらをクリック」を押していただくとみることができます。

>>>3章全解説はこちらから(無料公開中!)

3章 薬事に関する法規と制度 【問7】

問題 7
医薬品の販売業の許可に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びな
さい。

a 薬局の開設許可を受けた区域において一般用医薬品を販売する場合には、薬局の
開設の許可に加えて、店舗販売業の許可を受ける必要がある。
b 医薬品の販売業の許可は、6年ごとに、その更新を受けなければ、許可の期間の
経過によって、その効力を失う。
c 医薬品の販売業では、医薬品をあらかじめ小分けし、販売することができる。
d 店舗販売業、配置販売業又は卸売販売業のうち、一般の生活者に対して医薬品を
販売することができるのは、店舗販売業のみである。

a b c d
1 正 誤 正 正
2 正 誤 正 誤
3 正 正 誤 誤
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 正 正

アフロ先生の解答解説はこちらをクリック

正解:4

a 誤。必要ない。
b 正。
c 誤。分割販売できる。
d 誤。
(※参考 手引き P218~)

>>>【無料公開中!!アフロ先生解答解説】H29登録販売者試験 【奈良ブロック】3章 薬事に関する法規と制度(20 問)

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia