ニュース&トピックス

【アフロ先生の解答解説】H29年 奈良県 - 3章 薬事に関する法規と制度 問18


H29年度登録販売者試験奈良県】について、アフロ先生による「全問解答解説を公開!!

試験を受けて確認されたい方も、これから試験の方も、
ぜひご参考にお使いください。

※以下、問題の下にある「+アフロ先生の解答解説はこちらをクリック」を押していただくとみることができます。

>>>3章全解説はこちらから(無料公開中!)

3章 薬事に関する法規と制度 【問18】

問題 18
医薬品の販売広告に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

a 医薬品医療機器等法第66条(誇大広告等)及び第68条(承認前の医薬品等に
係る広告)は、広告の依頼主だけでなく、その広告に関与するすべての人が対象と
なる。
b 医薬品の有効性又は安全性について、それが確実であることを保証するような表
現がなされた広告は、明示的・暗示的を問わず、虚偽又は誇大な広告とみなされる。
c 未承認の医薬品の名称、製造方法、効能、効果又は性能に関する広告は、許可を
受けなければ行うことができない。
d 医薬品の販売広告に該当するか否かの判断基準の一つとして、顧客を誘引する
(顧客の購入意欲を昂進させる)意図が明確であるという要件がある。

a b c d
1 誤 正 正 正
2 正 誤 正 正
3 正 正 誤 正
4 正 正 正 誤
5 正 正 正 正

アフロ先生の解答解説はこちらをクリック

正解:3

a 正。
b 正。
c 誤。未承認のものは広告禁止。
d 正。

(※参考 手引き P238~)

>>>【無料公開中!!アフロ先生解答解説】H29登録販売者試験 【奈良ブロック】3章 薬事に関する法規と制度(20 問)

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia