ニュース&トピックス

【アフロ先生の解答解説】H29年 奈良県 - 4章 主な医薬品とその作用 問32


H29年度登録販売者試験奈良県】について、アフロ先生による「全問解答解説を公開!!

試験を受けて確認されたい方も、これから試験の方も、
ぜひご参考にお使いください。

※以下、問題の下にある「+アフロ先生の解答解説はこちらをクリック」を押していただくとみることができます。

>>>4章全解説はこちらから(無料公開中!)

4章 主な医薬品とその作用 【問32】

問題 32
禁煙補助剤及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

a 市販されている禁煙補助剤は、咀嚼剤のみである。

b 咀嚼剤は、菓子のガムのように噛み、唾液を多く分泌させながら使用することで、吐きけや腹痛の副作用が現れにくくなる。

c 咀嚼剤は、口腔内が酸性になるとニコチンの吸収が低下するため、炭酸飲料を摂取した後しばらくは使用を避けることとされている。

d ニコチンは、交感神経系を抑制させる作用を示し、アドレナリン作動成分が配合された医薬品との併用により、その作用を減弱させるおそれがある。

a b c d
1 誤 誤 正 誤
2 正 正 誤 誤
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 誤 正

アフロ先生の解答解説はこちらをクリック

正解:1

a 誤。パッチ製剤もある。
b 誤。現れやすくなる。
c 正。
d 誤。交感神経系を抑制ではなく、興奮させる が正解。
その作用を減弱ではなく、増強が正解。

>>>【無料公開中!!アフロ先生解答解説】H29登録販売者試験 【奈良ブロック】4章 主な医薬品とその作用(40 問)

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia