ニュース&トピックス

【アフロ先生の解答解説】H29年 奈良県 - 5章 医薬品の適正使用と安全対策 問6


H29年度登録販売者試験奈良県】について、アフロ先生による「全問解答解説を公開!!

試験を受けて確認されたい方も、これから試験の方も、
ぜひご参考にお使いください。

※以下、問題の下にある「+アフロ先生の解答解説はこちらをクリック」を押していただくとみることができます。

>>>5章全解説はこちらから(無料公開中!)

5章 医薬品の適正使用と安全対策 【問6】

問題 6
次の記述は医薬品の副作用情報等の収集、評価及び措置に関するものである。
( )にあてはまる字句として、正しいものを1つ選びなさい。

医薬品の安全性に関する問題を世界共通のものとして取り上げる気運を高めるきっかけとなったのは、1961年の( )であり、これ以降、世界保健機関(WHO)加盟各国を中心に、各国自らが副作用情報を収集、評価する体制(WHO国際医薬品モニタリング制度)を確立することにつながった。

1 スモン事件
2 医薬品副作用モニター制度
3 サリドマイド薬害事件
4 CJD訴訟
5 医薬品等安全性情報報告制度

アフロ先生の解答解説はこちらをクリック

正解:3

1 誤。
2 誤。
3 正。
4 誤。
5 誤。

>>>【無料公開中!!アフロ先生解答解説】H29登録販売者試験 【奈良ブロック】5章 医薬品の適正使用と安全対策(20 問)

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia