ニュース&トピックス

【アフロ先生の解答解説】H29年 奈良県 - 5章 医薬品の適正使用と安全対策 問9


H29年度登録販売者試験奈良県】について、アフロ先生による「全問解答解説を公開!!

試験を受けて確認されたい方も、これから試験の方も、
ぜひご参考にお使いください。

※以下、問題の下にある「+アフロ先生の解答解説はこちらをクリック」を押していただくとみることができます。

>>>5章全解説はこちらから(無料公開中!)

5章 医薬品の適正使用と安全対策 【問9】

問題 9
次の記述は医薬品PLセンターに関するものである。( )にあてはまる字句として、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

医薬品副作用被害救済制度の対象とならないケースのうち、製薬企業に損害賠償責任が( a )場合には、「医薬品PLセンター」への相談が推奨される。
消費者が、医薬品又は医薬部外品に関する苦情(健康被害以外の損害も含まれる)について製造販売元の企業と交渉するに当たって、
( b )立場で申立ての相談を受け付け、交渉の仲介や調整・あっせんを行い、( c )迅速な解決に導くことを目的としている。

1 ( a )ない ( b )消費者側の ( c )裁判によらずに
2 ( a )ない ( b )消費者側の ( c )裁判により
3 ( a )ある ( b )公平・中立な ( c )裁判によらずに
4 ( a )ある ( b )消費者側の ( c )裁判により
5 ( a )ある ( b )公平・中立な ( c )裁判により

アフロ先生の解答解説はこちらをクリック

正解:3

( a )ある ( b )公平・中立な ( c )裁判によらずに

>>>【無料公開中!!アフロ先生解答解説】H29登録販売者試験 【奈良ブロック】5章 医薬品の適正使用と安全対策(20 問)

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia