ニュース&トピックス

【必見】平成30年度手引き改正‐高齢者の医薬品使用に関する問題(H29四国出題)を無料公開します

2018年3月「試験問題の作成に関する手引き」の改定を受け、
アフロ先生が今後の試験への影響、過去問で勉強する際の注意項目がわかるよう解説。
既存の講座に無料で追加いたしました。

今回は【高齢者の医薬品使用に関する問題(H29四国出題)】です。

—————————————————————

(ここからアフロ先生解説)

前半部分はそれぞれの章に対して、頻出問題私たちが取り上げている問題の中で、ちょっと変わりそうなところを拾ってみました。

まず第1章からですね。

これ平成29年度去年四国ブロックでた問題なんですけど、

「高齢者の医薬品使用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。」

a 一般用医薬品を高齢者に使用する場合、原則として、
定められた用量の下限よりも少ない用量から使用しなければならない。

ま、これが間違っているという問題だったんですよね。

定められた容量の下限よりも少ないって、
もうそれ、無効用っていうか、もう間違っている容量なんで。

定められた容量の範囲で、下限からっていうのがこの問題の趣旨なんですよ。

だから a が間違っていて、aが間違っているともいきなり全部分かっちゃうって、そういう問題なんですね。

一応まあせっかくなんで、勉強のためにb、c、dも見ておきましょうか。
合ってると思って聞いてください。

b 高齢者は、生理機能の衰えのほか、喉の筋肉が衰えて飲食物を飲み込む力が弱まっている場合があり、
内服薬を使用する際に喉に詰まらせやすい。

正しいですね。

c 高齢者では、医薬品の取り違えや飲み忘れを起こしやすい傾向があるため、
家族や周囲の人(介護関係者等)の理解や協力も含めて、医薬品の安全性使用の観点からの配慮が重要となることがある。

これも正しい事実です。

d 高齢者において、医薬品使用により副作用を生じるリスクが、
若年時と比べてどの程度増大しているかを、年齢のみから一概に判断することは難しい。

小児は小児っていう風な感じで、まあある程度共通した傾向なんですけど、
高齢者の年のとり方がバラバラなんですよ。

なので高齢者というふうに一概には判断的にくいっていうことを知っておいて下さいってそういう
問題なんですね。

これ、正しいです。

だから本当は誤正正正でこの29年度はaが正しいって
いうふうに問題になるはずなんですけど

問題はあ、これ、手引きは厚生労働省のページからそんなものがダウンロードできますので、
もしそのものを確認したい方はこの手引きの10ページに書いてありますよと一応書いておきます。
厚生労働省のページから2018年3月か、平成30年度3月ちょっと表現忘れちゃいましたけど、
とにかく今年の3月に改訂された内容の改定されたそのものと、改訂部分がピックアップされたものと、
それは両方pdf っていうファイルで落とせますので、そこから見ていただくといいかな。

▼問題作成に関する手引き
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/tebikirireki.pdf

で、このテキストって書いてあるのはあのアフロ先生の登録販売者合格テキストですね。
▼『最短合格! アフロ先生と学ぶ 登録販売者合格テキスト 改訂2版』

そのページのこの辺の問題に関わっているという、そういうところです。

この a の記述これがなくなったんですよ。

手引きから削除されたんです!!
だからこの a の問題はもう出ません

よろしいでしょうかこの a はなくなりました

だからまあこれaが正解の決め手だったんで、この問題。

過去問など答えがどこかへ行っちゃうんですよ。。
なのでこの記述はなくなりましたので注意してください

—————————————————————
登録販売者講座、2018年3月手引き改定に無料で追加対応!!
—————————————————————
●2018年度版 アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
http://www.elearning.co.jp/us…/resp-u…
●アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座アドバンス
http://www.elearning.co.jp/us…/resp-u…
●2018年度版 アフロ先生と学ぶ登録販売者 超最短合格パック
http://www.elearning.co.jp/us…/resp-u…

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:kinugasan