ニュース&トピックス

平成30年度登録販売者試験 関東甲信越ブロック 第4章解答解説公開しました

平成30年度登録販売者試験 関東甲信越ブロック 第4章 解答解説公開しました
改定に伴う問題が多く出た関東甲信越ブロック、解答解説をアップしましたのでご活用ください。

http://afro.elearning.co.jp/?page_id=14949

<平成30年度登録販売者試験 関東甲信越ブロック 問題17>

薬局開設者が、医療用医薬品(体外診断用医薬品を除く。)を購入したときに、医薬品医療機器等法施行規則第 14 条の規定に基づき、書面に記載しなければならない事項として、正しいものの組合せはどれか。

a 購入した医薬品の有効成分の名称
b 購入した医薬品のロット番号(ロットを構成しない医薬品については製造番号)
c 販売した者が常時取引関係にない場合、販売した者の氏名又は名称、住所又は所在地及び電話番号その他の連絡先
d 販売した者が法人であって、医薬品の取引の任に当たる自然人が販売した者と雇用関係にある場合、当該自然人の職名

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d)

解答解説はこちらをクリック

正解:4
<H30改定にて追加された項目>
a誤
b正
c正
d誤

記載項目は以下
① 品名
② 数量
③ 購入若しくは譲受け又は販売若しくは授与の年月日
④ 購入若しくは譲り受けた者又は販売若しくは授与した者(以下「購入者等」という。)の氏名又は名称、住所又は所在地、及び電話番号その他の連絡先
⑤ ④の事項を確認するために提示を受けた資料
⑥ 医薬品の取引の任に当たる自然人が、購入者等と雇用関係にあること又は購入者等から取引の指示を受けたことを示す資料

※また、医療用医薬品(体外診断用医薬品を除く。)については、①から⑥までの事項に加え、
ロット番号(ロットを構成しない医薬品については製造番号又は製造記号)及び
使用の期限を記載する必要があること。

(※参考 手引きP238)

「改定部分重要ポイントガイダンス」


>>上記「改定部分重要ポイントガイダンス」は以下3講座に付属しています。
アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座アドバンス

アフロ先生と学ぶ登録販売者超最短合格パック(基礎コース+アドバンスのセット)

!緊急告知!
早くも平成30年度近畿ブロックの問題から最新の傾向と対策ミニ講座が、また生薬学博士のアフロ先生が満を持して漢方苦手対策講座を作成、リリースとなりました。アフロ先生のわかりやすい解説で、今年のポイントが理解でき、直前対策ができる講座です。
ご購入はこちらから。
http://afro.elearning.co.jp/?page_id=14635

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia