ニュース&トピックス

痔の薬~H30漢方生薬問題全問解説

項目別出題数第11位
漢方生薬問題

痔の薬は、半分の5ブロックで出題されています。選択肢の一つとして作用などを問われるものが多いです。乙字湯、芎帰膠艾湯2つの漢方はカンゾウを含みます。

「出題漢方」  乙字湯、芎帰膠艾湯
「出題生薬」  セイヨウトチノミ カイカ カイカク オウゴン 

首都圏ブロック

問 21

痔及び痔疾用薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。 

a 痔瘻は、肛門に存在する細かい血管群が部分的に拡張し、肛門内にいぼ状の腫れが生じたもので、一般に「いぼ痔」と呼ばれる。 
b 裂肛は、肛門の出口からやや内側の上皮に傷が生じた状態であり、一般に「切れ痔」(又は「裂け痔」)と呼ばれる。
c 乙字湯、芎帰膠艾湯のいずれも、構成生薬としてカンゾウを含む。 

1 (a)正 (b)誤 (c)正 
2 (a)正 (b)正 (c)誤 
3 (a)誤 (b)正 (c)正 
4 (a)正 (b)誤 (c)誤 
5 (a)誤 (b)正 (c)誤

解答解説はこちらをクリック

正解:3

a誤:痔核の説明文。痔瘻は、肛門内部に存在する肛門腺窩と呼ばれる小さなくぼみに糞便の滓が溜まって炎症・化膿を生じた状態で、体力低下等により抵抗力が弱まっているときに起こりやすい。
b正:
c正:乙字湯はダイオウも含む。

大阪ブロック

問 21

外用痔疾用薬に配合される次のa~dの成分のうち、止血効果を期待して配合される成分に該当するものの正しい組み合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  
a セイヨウトチノミ 
b テトラヒドロゾリン塩酸塩 
c ナファゾリン塩酸塩 
d デカリニウム塩化物 
 
1(a、b) 2(a、c) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)  

解答解説はこちらをクリック

正解:3

セイヨウトチノミはトチノキ科のセイヨウトチノキ(マロニエ)の種子を用いた生薬で、主に抗炎症作用を期待して用いられる。

中国ブロック

問 25

痔疾用薬の配合成分に関する記述のうち、誤っているものはどれか。 
 
1 カイカやカイカクは、止血効果を期待して、内用痔疾用薬に配合されている。 

2 セイヨウトチノミは、抗炎症作用を期待して、内用痔疾用薬に配合されている。
 
3 カンフルやメントールは、冷感刺激を生じさせる局所刺激成分として、外用痔疾用薬に配合されている。 

4 イソプロピルメチルフェノールは、肛門周囲の末梢血管の血行を促して、鬱血を改善する効果を期待して、内用痔疾用薬に配合されている。 

解答解説はこちらをクリック

正解:4

イソプロピルメチルフェノールは、殺菌消毒成分。

四国ブロック

問 18

痔の薬に関する次の記述について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。 
 
a 痔による肛門部の創傷の治癒を促す効果を期待して、ジフェンヒドラミン塩酸塩が配合されている。 
b 血管弛緩作用による止血効果を期待して、テトラヒドロゾリン塩酸塩が配合されていることがある。 
c 局所の感染を防止することを目的として、デカリニウム塩化物が配合されていることがある。
d オウゴンは、シソ科のコガネバナの周皮を除いた根を基原とする生薬で、抗炎症作用が期待できる。 
 
1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)

解答解説はこちらをクリック

正解:4

a 誤:痔に伴う痒みを和らげることを目的
b 誤:血管弛緩でなく、血管収縮 
c 正
d 正

九州沖縄ブロック

問 19

痔及び痔疾用薬に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。
 
ア 痔は、肛門付近の血管が鬱血し、肛門に負担がかかることによって生じる肛門の病気の総称である。
 
イ 歯状線より上部の直腸粘膜にできた痔核を内痔核と呼び、直腸粘膜の知覚神経によって痛みを感じる。 

ウ 乙字湯は、体力中等度以上で大便が硬く、便秘傾向のあるものの痔核(いぼ痔)、切れ痔、便秘、軽度の脱肛に適すとされる。
 
エ 内用痔疾用薬は、比較的緩和な抗炎症作用、血行改善作用を目的とする成分のほか、瀉下・整腸成分等が配合されており、外用痔疾用薬と併せて用いると効果的である。 
 

1 (ア)正 (イ)正 (ウ)正 (エ)誤 
2 (ア)正 (イ)正 (ウ)誤 (エ)誤 
3 (ア)正 (イ)誤 (ウ)正 (エ)正 
4 (ア)誤 (イ)正 (ウ)誤 (エ)正 
5 (ア)誤 (イ)誤 (ウ)正 (エ)誤 

解答解説はこちらをクリック

正解:3
(ア)正
(イ)誤:直腸粘膜には知覚神経が通っていないため、自覚症状が少ないことが特徴である。
(ウ)正
(エ)正

※問題解説に関しましては、テキスト「アフロ先生と学ぶ登録販売者合格テキスト」及び、厚生労働省試験問題作成に関する手引き(平成30年3月)をもとに弊社独自に作成したものです。
内容については一切保証いたしません。

H30漢方生薬問題全問解説 TOPページへ戻る

漢方生薬問題

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia