ニュース&トピックス

腸の薬~H30漢方生薬問題全問解説

項目別出題数第14位
漢方生薬問題

腸の薬は、4ブロックで出題されています。腸の薬自体、アフロ先生の頻出順だと10番目で、とても量のある項目ですが、漢方、生薬は少なめです。

「出題漢方」  桂枝加芍薬湯、大黄甘草湯、大黄牡丹皮湯、麻子仁丸
「出題生薬」  センナ 

近畿ブロック

問 15

整腸薬、止瀉薬、瀉下薬とその有効成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 整腸薬、止瀉薬では、医薬部外品として製造販売されている製品はない。

b 木クレオソートは、細菌感染による下痢の症状を鎮めることを目的として用いられることがある。

c センナは、腸管内で水分を吸収して腸内容物に浸透し、糞便のかさを増やすとともに、糞便を柔らかくすることを目的として用いられる。

d ピコスルファートナトリウムは、胃や小腸では分解されないが、大腸に生息する腸内細菌によって分解されて、大腸への刺激作用を示すようになる。

1 (a)正 (b)正 (c)誤 (d)正
2 (a)正 (b)正 (c)誤 (d)誤
3 (a)誤 (b)正 (c)正 (d)誤
4 (a)誤 (b)正 (c)誤 (d)正
5 (a)誤 (b)誤 (c)正 (d)誤

解答解説はこちらをクリック

正解:4

a誤:整腸薬、瀉下薬では、医薬部外品として製造販売されている製品もあるが、それらは人体に対する作用が緩和なものとして、配合できる成分(瀉下薬については、糞便のかさや水分量を増すことにより作用する成分に限られる。)やその上限量が定められている。また、効能・効果の範囲も限定され、例えば、下痢・便秘の繰り返し等の場合における整腸については、医薬品においてのみ認められている。(手引きP101)

b正:
c誤:説明文は膨張性瀉下成分(カルメロースナトリウム)
センナ:大腸を刺激して排便を促すことを目的とする
d正:

首都圏ブロック

問 15

次の記述にあてはまる漢方処方製剤として、最も適切なものはどれか。 

体力中等度以下で、ときに便が硬く塊状なものの便秘、便秘に伴う頭重、のぼせ、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常醗酵、痔の緩和に適すとされるが、胃腸が弱く下痢しやすい人では、激しい腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。また、本剤を使用している間は、他の瀉下薬の使用を避ける必要がある。 
 
1 桔梗湯  2 麻子仁丸  3 牛車腎気丸  4 大黄牡丹皮湯  5 桂枝加芍薬湯 

解答解説はこちらをクリック

正解:2

麻子仁丸 キーワード 体力中程度以下、便が硬く塊状なものの便秘
           ダイオウ含む

中国ブロック

問 16

腸の不調を改善する目的で使用される漢方処方製剤に関する記述のうち、正しいものはどれか。 

1 大黄牡丹皮湯は胃腸が弱く下痢しやすい人に適している。
2 桂枝加芍薬湯は構成生薬としてカンゾウを含む。    
3 大黄甘草湯は体力中程度以下の人にのみ使用される。  
4 麻子仁丸の構成生薬にダイオウは含まれない。
 

解答解説はこちらをクリック

正解:2

1誤:胃腸が弱く下痢しやすい人では、激しい腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。
2正
3誤:体力に関わらず広く応用される。
4誤:腸の薬として使用される上記4つの漢方はいずれもダイオウを含む。

四国ブロック

問 14

腸の薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。 

a ロペラミド塩酸塩は、食べすぎ・飲みすぎによる下痢、寝冷えによる下痢のほか、食あたりや水あたりによる下痢にも適用される。
 
b センナは、リパーゼの働きによって生じる分解物が、小腸を刺激して排便を促すとされる。

c トリメブチンマレイン酸塩は、消化管の平滑筋に直接作用して、消化管の運動を調整する作用があるとされる。
 
d タンニン酸アルブミンは、腸粘膜のタンパク質と結合して不溶性の膜を形成し、腸粘膜をひきしめることにより、腸粘膜を保護するとされる。 
 

1 (a)正 (b)正 (c)誤 (d)正 
2 (a)正 (b)誤 (c)正 (d)誤 
3 (a)正 (b)正 (c)誤 (d)誤 
4 (a)誤 (b)誤 (c)正 (d)正 
5 (a)誤 (b)正 (c)正 (d)正 

解答解説はこちらをクリック

正解:4

a 誤:食あたりや水あたりによる下痢にも適用されない。
b 誤:ヒマシ油の説明文。
c 正
d 正

※問題解説に関しましては、テキスト「アフロ先生と学ぶ登録販売者合格テキスト」及び、厚生労働省試験問題作成に関する手引き(平成30年3月)をもとに弊社独自に作成したものです。
内容については一切保証いたしません。

H30漢方生薬問題全問解説 TOPページへ戻る

漢方生薬問題

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia