ニュース&トピックス

皮膚に用いる薬~H30漢方生薬問題全問解説

項目別出題数第14位
漢方生薬問題

皮膚に用いる薬は、4ブロックで出題されています。30年度の出題は、頭皮・毛根に作用する配合成分から、生薬のみです。

「出題生薬」  カシュウ, チクセツニンジン,ヒノキチオール  

北陸・東海ブロック

問 30

毛髪用薬の配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。 

 
a ヒノキチオールは、抗菌、血行促進、抗炎症などの作用を期待して用いられる。
 
b カルプロニウム塩化物は、末梢組織(適用局所)において抗コリン作用を示し、頭皮の血管を拡張、毛根への血行を促すことによる発毛効果を期待して用いられる。
 
c チクセツニンジンは、ウコギ科のトチバニンジンの根茎を、通例、湯通ししたものを基原とする生薬で、血行促進、抗炎症などの作用を期待して用いられる。
 
d クロトリマゾールは、女性ホルモン成分の一種であり、脱毛抑制効果を期待して用いられる。
 

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d) 

解答解説はこちらをクリック

正解:2

a正
b誤:抗コリンではなくコリン作用(アセチルコリンに類似した作用)
c正
d誤:エストラジオール安息香酸エステルの説明文。
クロトリマゾールは、イミダゾール系抗真菌成分。

首都圏ブロック

問 32

次の記述にあてはまる毛髪用薬の配合成分はどれか。 

末梢組織(適用局所)においてアセチルコリンに類似した作用(コリン作用)を示し、頭皮の血管を拡張、毛根への血行を促すことによる発毛効果を期待して用いられる。副作用として、コリン作用による局所又は全身性の発汗、それに伴う寒気、震え、吐きけが現れることがある。 
 
1 カルプロニウム塩化物       
2 カシュウ             
3 チクセツニンジン         
4 エストラジオール安息香酸エステル 
5 ヒノキチオール   

解答解説はこちらをクリック

正解:1

カシュウ:タデ科のツルドクダミの塊根を基原とする生薬で、頭皮における脂質代謝を高めて、余分な皮脂を取り除く作用を期待して用いられる。
チクセツニンジン:ウコギ科のトチバニンジンの根茎を、通例、湯通ししたものを基原とする生薬で、血行促進、抗炎症などの作用を期待して用いられる。
ヒノキチオール:ヒノキ科のタイワンヒノキ、ヒバ等から得られた精油成分で、抗菌、血行促進、抗炎症などの作用を期待して用いられる。
(いずれも手引きP167)

奈良ブロック

問31

毛髪用薬の配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。 
 
a カシュウは、頭皮の血管を拡張、毛根への血行を促すことによる発毛効果を期待して配合されている。
 
b エストラジオール安息香酸エステルは、女性ホルモンによる脱毛抑制効果を期待して配合されている。
 
c カルプロニウム塩化物は、頭皮における脂質代謝を高めて、余分な皮脂を取り除く作用を期待して配合されている。
 
d ヒノキチオールは、抗菌、血行促進、抗炎症作用を期待して配合されている。 
 
1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d) 

解答解説はこちらをクリック

正解:3

1誤:カルプロニウム塩化物の説明文。
2正
3誤:カシュウの説明文。
4正

九州・沖縄ブロック

問 31

毛髪用薬の配合成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。 
 
ア カルプロニウム塩化物は、末梢組織(適用局所)においてアセチルコリンに類似した作用を示し、頭皮の血管を収縮させ、毛根への血行を抑えることによる発毛効果を期待して用いられる。

イ エストラジオール安息香酸エステルは、男性ホルモン成分の一種であり、脱毛抑制効果を期待して配合される。 

ウ チクセツニンジンは、ウコギ科トチバニンジンの根茎を、通例、湯通ししたものを基原とする生薬で、血行促進、抗炎症などの作用を期待して用いられる。

エ ヒノキチオールは、頭皮における脂質代謝を高めて、余分な皮脂を取り除く作用を期待して用いられる。 
 

1 (ア)正 (イ)正 (ウ)正 (エ)誤 
2 (ア)正 (イ)誤 (ウ)誤 (エ)正 
3 (ア)正 (イ)誤 (ウ)誤 (エ)誤 
4 (ア)誤 (イ)正 (ウ)誤 (エ)正 
5 (ア)誤 (イ)誤 (ウ)正 (エ)誤 

解答解説はこちらをクリック

正解:5

a 誤:血管を拡張させる。
b 誤:女性ホルモン成分の一種。
c 正
d 誤:カシュウの説明文。

※問題解説に関しましては、テキスト「アフロ先生と学ぶ登録販売者合格テキスト」及び、厚生労働省試験問題作成に関する手引き(平成30年3月)をもとに弊社独自に作成したものです。
内容については一切保証いたしません。

H30漢方生薬問題全問解説 TOPページへ戻る

漢方生薬問題

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia