ニュース&トピックス

その他生薬製剤~H30漢方生薬問題全問解説

項目別出題数第6位
漢方生薬問題

その他生薬製剤は、7問出題。頻出漢方製剤薬にも含まれるものも多い。頻出なものは覚えたい。

「出題生薬」  ブシ(附子), カッコン(葛根), サイコ(柴胡), サンザシ(山査子), ショウマ(升麻), ボウフウ(防風), シンイ(辛夷), オウゴン(黄芩), ジュウヤク(十薬), ブクリョウ(茯苓),オンジ(遠志) カシュウ, ヒノキチオール, シャクヤク, キョウニン, キキョウ, ウワウルシ

北海道・東北ブロック

問 35

生薬成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a ブシは、心筋の収縮力を高めて血液循環を改善する作用を持つ。

b カッコンは、解熱、鎮痙(けい)等の作用を期待して用いられる。

c サイコは、利尿の作用を期待して用いられる。

d サンザシは、健胃、消化促進等の作用を期待して用いられる。

1 (a)正 (b)正 (c)正 (d)誤
2 (a)誤 (b)正 (c)正 (d)正
3 (a)正 (b)誤 (c)正 (d)正
4 (a)誤 (b)誤 (c)誤 (d)誤
5 (a)正 (b)正 (c)誤 (d)正

解答解説はこちらをクリック

正解:5
a正
b正
c誤:セリ科のミシマサイコの根を基原とする生薬で、抗炎症、鎮痛等の作用を期待して用いられる。(柴胡)
d正

関東甲信越ブロック

問 36

次の記述に当てはまる生薬成分として、最も適切なものを1つ選びなさい。

キンポウゲ科のハナトリカブト又はオクトリカブトの塊根を減毒加工して製したものを基原とする生薬であり、心筋の収縮力を高めて血液循環を改善する作用を持つ。血液循環が高まることによる利尿作用を示すほか、鎮痛作用を示す。

1 ショウマ
2 ブシ
3 カッコン
4 サイコ
5 ボウフウ

解答解説はこちらをクリック

正解:2
1(升麻)キンポウゲ科のサラシナショウマ、フブキショウマ、コライショウマ又はオオミツバショウマの根茎を基原とする生薬で、発汗、解熱、解毒、消炎等の作用を期待して用いられる。
3(葛根)マメ科のクズの周皮を除いた根を基原とする生薬で、解熱、鎮痙等の作用を期待して用いられる。
5(防風)セリ科のボウフウの根及び根茎を基原とする生薬で、発汗、解熱、鎮痛、鎮痙等の作用を期待して用いられる。

首都圏(東京)ブロック

問 38

生薬成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a シンイは、アケビ科のアケビ又はミツバアケビの蔓性の茎を、通例、横切りしたものを基原とする生薬で、泌尿器用薬では尿量増加(利尿)を期待して用いられる。

b オウゴンは、シソ科のコガネバナの周皮を除いた根を基原とする生薬で、内用痔疾用薬では主に抗炎症作用を期待して用いられる。

c ジュウヤクは、サルノコシカケ科のマツホドの菌核で、通例、外層をほとんど除いたものを基原とする生薬で、利尿、健胃、鎮静等の作用を期待して用いられる。

d オンジは、ヒメハギ科のイトヒメハギの根を基原とする生薬で、鎮咳去痰薬では去痰作用を期待して用いられる。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)

解答解説はこちらをクリック

正解:4

a 誤:(辛夷)モクレン科のタムシバ、コブシ、ボウシュンカ、マグノリア・スプレンゲリ又はハクモクレン等の 蕾を基原とする生薬で、鎮静、鎮痛の作用を期待して用いられる。
説明文はモクツウ(木通)
b 正
c 誤:(十薬)ドクダミ科のドクダミの花期の地上部を基原とする生薬。しゃげ作用期待。
説明文はブクリョウ(茯苓)
d 正

大阪ブロック

問 35

生薬に関する次のa~cの記述について、該当するものの正しい組み合わせを下表の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

a サルノコシカケ科のマツホドの菌核で、通例、外層をほとんど除いたものを基原とする生薬で、利尿、健胃、鎮静等の作用を期待して用いられる。

b マメ科のクズの周皮を除いた根を基原とする生薬で、解熱、鎮痙等の作用を期待して用いられる。

c キンポウゲ科のハナトリカブト又はオクトリカブトの塊根を減毒加工して製したものを基原とする生薬であり、心筋の収縮力を高めて血液循環を改善する作用を持つ。

1 (a)レンギョウ (b)ボウフウ (c)ショウマ
2 (a)レンギョウ (b)ボウフウ (c)ブシ
3 (a)ブクリョウ (b)カッコン (c)ショウマ
4 (a)ブクリョウ (b)カッコン (c)ブシ
5 (a)レンギョウ (b)カッコン (c)ショウマ

解答解説はこちらをクリック

正解:4

四国ブロック

問 34

生薬に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

1 シンイは、モクレン科のタムシバ、コブシ、ボウシュンカ、マグノリア・スプレンゲリ又はハクモクレン等の蕾を基原とする生薬で、鎮静、鎮痛の作用を期待して用いられる。

2 カシュウは、アカネ科のクチナシの果実を基原とする生薬で、抗炎症作用を期待して用いられる。

3 ヒノキチオールは、ヒノキ科のタイワンヒノキ、ヒバ等から得られた精油成分で、抗菌、血行促進、抗炎症などの作用を期待して用いられる。

4 ブクリョウは、サルノコシカケ科のマツホドの菌核で、通例、外層をほとんど除いたものを基原とする生薬で、利尿、健胃、鎮静等の作用を期待して用いられる。

解答解説はこちらをクリック

正解:2

カシュウ:タデ科のツルドクダミの塊根を基原とする生薬で、頭皮における脂質代謝を高めて、余分な皮脂を取り除く作用を期待して用いられる。
説明文はサンシシ(山梔子)。


問 35

生薬成分と薬用部位の関係について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

a (生薬成分)シャクヤク - (薬用部位)根
b (生薬成分)キョウニン - (薬用部位)種子
c (生薬成分)キキョウ  - (薬用部位)周皮を除いた樹皮
d (生薬成分)ウワウルシ - (薬用部位)果実

1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(c、d)

解答解説はこちらをクリック

正解:1

難問。
c(桔梗)キキョウの根
d(熊苔桃)クマコケモモの葉

九州沖縄ブロック

問 36

生薬成分に関する以下の記述について、正しいものを下から一つ選びなさい。

キンポウゲ科のハナトリカブト又はオクトリカブトの塊根を減毒加工して製したものを基原とする生薬であり、心筋の収縮力を高めて血液循環を改善する作用を持つ。血液循環が高まることによる利尿作用を示すほか、鎮痛作用を示す。

1 ブシ 2 カッコン 3 サイコ  4 ボウフウ 5 ショウマ

解答解説はこちらをクリック

正解:1

※問題解説に関しましては、テキスト「アフロ先生と学ぶ登録販売者合格テキスト」及び、厚生労働省試験問題作成に関する手引き(平成30年3月)をもとに弊社独自に作成したものです。
内容については一切保証いたしません。

H30漢方生薬問題全問解説 TOPページへ戻る

漢方生薬問題

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia