ニュース&トピックス

令和2年の関東圏、東北ブロックと併願する方が増える?

【福島県】令和元年 登録販売者試験 合格率概要


※令和元年の試験日は8月28日(水)でした(8月25日と記載)。スライドの誤りをお詫び申し上げます。

昨年は4章が難しく、合格率が下がったとも言われてる東北ブロックですが、やはり今年もベーシックな良問で合格率がアップしたようです。

日程を調整すれば複数受験できるのが登録販売者試験。やはり関東圏は毎年難易度が高く合格率も低いので、福島県で受験するという方もいらっしゃったようです。

ですから、3章を一通り、解いてみるといいかもしれません。

このブロックでは、解答不能問題がありましたので、
全員1点加点されています。
試験内容を見てみると、安定の合格率が示している通り、
例年同様、どの章もベーシックな問題が多かったのです。
3章(主な医薬品とその作用)では、一部マイナーな成分も出題されていました。
その中から一問 ここで、紹介させていただきます。

問33

次の記述は、健胃成分に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。
a 日本薬局方(にほんやっきょくほう)収載のセンブリ末(まつ)は、健胃薬のほか止瀉(ししゃ)薬としても用いられる。
b 生薬成分が配合された健胃薬は、散剤をオブラートで包む等、味や香りを遮蔽する方法で服用すると効果が期待できる。
c カルニチン塩化物は、胃の働きの低下や食欲不振の改善を期待して、胃腸薬や滋養強壮保健薬に用いられる。
d 胆汁末や動物胆(ユウタンを含む。)は、心臓の働きを高める作用もある。
1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)

正解を見ていきましょう。

aは、正解。
bは、風味が大切なので、オブラートに包んではいけないということでしたね。
cのカルニチン塩化物はマイナーな成分かと思います。手引きに書かれている文章を読んでいきます。
生体内に存在する有機酸の一種であり、その働きは必ずしも明らかにされていないが、胃液分泌を促す、胃の運動を高める、胃壁の循環血流を増す等の作用があるとされ、
胃の働きの低下や食欲不振の改善を期待して、胃腸薬や滋養強壮保健薬に用いられる。ということで正解。
dは、心臓ではなく肝臓の働きを高める作用です。
ということで、答えは2番です。
Cが分からなくても、b,dの選択肢がわかれば答えられたかもしれない問題ですが、
満点を目指す試験ではありませんので、頻出のものでカバーできればいいのかなという感想です。

頻出順に勉強できる「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」シリーズは
基本講座、アドバンス講座、その二つのお得なパック講座。
その他、いつでもどこでもスマホで簡単、過去問マスター講座。その他漢方対策講座など充実なラインナップをご用意しています。
特典の合格・返金保証など気になった方は、
是非、こちら、特設サイトを訪れてください。

———————————————-

<登録販売者「特設サイト」のご案内>
「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」特設サイト

ホーム

「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」FaceBookサイト
https://www.facebook.com/afro.elearning/

「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」についてはこちらから。

【登録販売者講座】一覧

【PC、タブレット、スマホで資格ゲット elearning.co.jp】
450以上のeラーニング講座をご提供
https://www.elearning.co.jp/

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:kinugasan