ニュース&トピックス

九州沖縄ブロック・漢方生薬問題分析~過去4年分(2)

九州沖縄ブロックの第3章、漢方生薬やや多めだということで、過去4年間分、分析してみました。
表の番号は以下を表しています。
1 解熱鎮痛薬       11 循環器用薬
2 小児の疳        12 泌尿器用薬
3 眠気を促す薬      13 痔疾用薬
4 鎮咳去痰薬       14 歯痛薬
5 口腔咽喉薬       15 婦人薬
6 健胃薬         16 アレルギー
7 胃腸薬         17 毛髪用薬
8 腸の薬         18 漢方薬基本
9 胃腸鎮痛鎮痙薬     19 生薬製剤
10 強心薬         20 漢方薬製剤

満遍なく出題されていますが、毎年、出題されている生薬製剤の問題をまとめてみましたのでご確認ください。

生薬製剤

手引きの項目ー「ⅩⅣ 漢方処方製剤・生薬製剤」にまとめて掲載されている成分です。
主な出題成分(なるべく漢字で覚えよう)
ブシ(附子), カッコン(葛根), サイコ(柴胡), サンザシ(山査子), ショウマ(升麻), ボウフウ(防風), シンイ(辛夷), オウゴン(黄芩), ジュウヤク(十薬), ブクリョウ(茯苓),オンジ(遠志) カシュウ(何首烏), ヒノキチオール, シャクヤク(芍薬), キョウニン(杏仁), キキョウ(桔梗), ウワウルシ

平成30年度第3章 問 36

生薬成分に関する以下の記述について、正しいものを下から一つ選びなさい。

キンポウゲ科のハナトリカブト又はオクトリカブトの塊根を減毒加工して製したものを基原とする生薬であり、心筋の収縮力を高めて血液循環を改善する作用を持つ。血液循環が高まることによる利尿作用を示すほか、鎮痛作用を示す。

1 ブシ
2 カッコン
3 サイコ
4 ボウフウ
5 ショウマ

解答解説はこちらをクリック

正解:1

ブシ(附子)
頻出の生薬
トリカブトまたはオクトリカブトの塊根が基原、利尿作用、鎮痛作用

平成29年度第3章 問 37

生薬成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア ブシは、血液循環が高まることによる利尿作用を示すほか、鎮痛作用を示す。
イ カッコンは、マメ科のクズの周皮を除いた根を基原とする生薬で、健胃、消化促進等の作用を期待して用いられる。
ウ ブクリョウは、サルノコシカケ科のマツホドの菌核であり、通例、外層をほとんど除いたものを基原とする生薬で、利尿、健胃、鎮静等の作用を期待して用いられる。
エ サイコは、セリ科のミシマサイコの根を基原とする生薬で、抗炎症、鎮痛等の作用を期待して用いられる。

1 (ア)正 (イ)正 (ウ)正 (エ)誤
2 (ア)正 (イ)誤 (ウ)正 (エ)正
3 (ア)正 (イ)誤 (ウ)誤 (エ)誤
4 (ア)誤 (イ)正 (ウ)誤 (エ)正
5 (ア)誤 (イ)誤 (ウ)正 (エ)正

解答解説はこちらをクリック

正解:2

4つとも頻出の成分
ア正
イ誤:解熱鎮痛作用を期待。葛根湯で有名。
※葛根湯(マオウ、カンゾウ含む)
体力中等度以上のものの感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛みに適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人では、悪心、胃部不快感等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。まれに重篤な副作用として肝機能障害、偽アルドステロン症を生じることが知られている。

ウ正
エ正

平成28年度第3章 問 36

生薬成分と主な作用の関係について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア (生薬成分)ブシ ― (主な作用)鎮痛作用
イ (生薬成分)シコン ― (主な作用)新陳代謝促進作用
ウ (生薬成分)サイコ ― (主な作用)利尿作用
エ (生薬成分)ヨクイニン ― (主な作用)強心作用

1(ア、イ)
2(ア、エ)
3(イ、ウ)
4(ウ、エ)

解答解説はこちらをクリック

正解:1

ア正
イ正
ウ誤:(柴胡)セリ科のミシマサイコの根を基原とする生薬で、抗炎症、鎮痛等の作用を期待して用いられる。
※柴胡剤色々な漢方に含まれている。小柴胡湯、柴胡桂枝湯、柴胡加竜骨牡蛎湯など
エ誤:(薏苡仁)イネ科のハトムギの種皮を除いた種子を基原とする生薬で、肌荒れやいぼに用いられる。ビタミンB2主薬製剤やビタミンB6主薬製剤、瀉しゃ下薬等の補助成分として配合されている場合もある。

平成27年度第3章 問 36

生薬成分に関する以下の記述について、正しいものを下から一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

キンポウゲ科のハナトリカブト又はオクトリカブトの塊根を減毒加工して製したものを基原とする生薬であり、心筋の収縮力を高めて血液循環を改善する作用を持つ。血液循環が高まることによる利尿作用を示すほか、鎮痛作用を示す。

1 ブシ
2 カッコン
3 サイコ
4 ボウフウ
5 ショウマ

解答解説はこちらをクリック

正解:1

ブシは、2回目の登場です。
※ボウフウ(防風)セリ科のボウフウの根及び根茎を基原とする生薬で、発汗、解熱、鎮痛、鎮痙けい等の作用を期待して用いられる。
※ショウマ(升麻)キンポウゲ科のサラシナショウマ、フブキショウマ、コライショウマ又はオオミツバショウマの根茎を基原とする生薬で、発汗、解熱、解毒、消炎等の作用を期待して用いられる。

九州受験応援キャンペーン中


詳細はこちらから。

登録販売者 漢方苦手対策講座


画像をクリックすると講座詳細・購入ページに進みます。

 

 

多くの人が、苦手とする生薬、漢方処方製剤。「ポイントに目を光らせるとすごく問題が解きやすくなる」それが理解できるよう、過去問をピックアップし、「生薬学博士」のアフロ先生が解説。漢方の苦手対策ができる講座です。
最短合格点数取得対策に、平均的な生薬・漢方問題を集め、代表的な東京(首都圏ブロック)から問題を選抜しました。

平成30年度全ブロック漢方生薬問題の全問題解説(無料)

画像をクリックしていただくと解説ページに進みます。

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia