ニュース&トピックス

九州沖縄ブロック・漢方生薬問題分析~過去4年分(4)

九州沖縄ブロックの第3章、漢方生薬やや多めだということで、過去4年間分、分析してみました。
表の番号は以下を表しています。
1 解熱鎮痛薬       11 循環器用薬
2 小児の疳        12 泌尿器用薬
3 眠気を促す薬      13 痔疾用薬
4 鎮咳去痰薬       14 歯痛薬
5 口腔咽喉薬       15 婦人薬
6 健胃薬         16 アレルギー
7 胃腸薬         17 毛髪用薬
8 腸の薬         18 漢方薬基本
9 胃腸鎮痛鎮痙薬     19 生薬製剤
10 強心薬         20 漢方薬製剤

満遍なく出題されていますが、3年出題されている強心薬の問題をまとめてみましたのでご確認ください。

強心薬

強心薬は、生薬がメインなります。主に、作用について問われる問題です。小児の疳のところと重複する生薬も多いです。

平成30年度第3章 問 15

心臓などの器官や血液に作用する薬及びその配合成分に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 強心薬は、疲労やストレス等による軽度の心臓の働きの乱れについて、心臓の働きを整えて、動悸や息切れ等の症状の改善を目的とする医薬品である。

イ センソは、ヒキガエル科のシナヒキガエル等の毒腺の分泌物を集めたものを基原とする生薬で、微量で強い強心作用を示す。

ウ ユウタンは、ウシ科のウシの胆嚢中に生じた結石を基原とする生薬で、強心作用のほか、末梢血管の拡張による血圧降下、興奮を静める等の作用があるとされる。

エ 苓桂朮甘湯は、強心作用と尿量増加(利尿)作用が期待される生薬が含まれており、水毒(漢方の考え方で、体の水分が停滞したり偏在して、その循環が悪いことを意味する。)の排出を促す。

1(ア、イ)
2(ア、エ)
3(イ、ウ)
4(ウ、エ)

解答解説はこちらをクリック

正解:1

1正
2正
3誤:文は、ゴオウ(牛黄)。
※ユウタン(熊胆)クマ科のヒグマその他近縁動物の胆汁を乾燥したものを基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられるほか、消化補助成分として配合される場合もある。同様の作用を期待して、ウシ等に由来する動物胆が用いられることもある。
4誤:強心作用が期待される生薬は含まれず

平成29年度第3章 問 15

心臓及び強心薬に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 心臓の働きは、通常、体性神経系によって無意識のうちに調整がなされている。
イ 強心薬を5~6日間使用して症状の改善がみられない場合には、呼吸器疾患、貧血、高血圧症、 甲状腺機能の異常のほか、精神神経系の疾患も考えられる。
ウ ジャコウは、シカ科のジャコウジカの雄の麝 (じゃ) 香腺分泌物を基原とする生薬で、強心作用のほか、 呼吸中枢を刺激して呼吸機能を高めたり、意識をはっきりさせる作用があるとされる。

エ 苓桂朮甘湯 (りょうけいじゅつかんとう) は、強心作用が期待されるセンソを含む。

1(ア、イ)
2(ア、エ)
3(イ、ウ)
4(ウ、エ)

解答解説はこちらをクリック

正解:3

1正
2正
3誤:文は、ゴオウ(牛黄)。
※ユウタン(熊胆)クマ科のヒグマその他近縁動物の胆汁を乾燥したものを基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられるほか、消化補助成分として配合される場合もある。同様の作用を期待して、ウシ等に由来する動物胆が用いられることもある。
4誤:強心作用が期待される生薬は含まれず

平成27年度第3章 問 11

強心成分と動悸(き)、息切れ等に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

ア ゴオウは、心筋に直接刺激を与え、その収縮力を高める作用(強心作用)を期待して用いられる。

イ センソは、有効域が比較的狭く、一般用医薬品では、1日用量が10mg以下となるよう用法・用量が定められている。

ウ 心臓は、通常、体性神経系によって無意識のうちに調整がなされており、激しい運動をしたり、興奮したときなどの動悸(き)や息切れは、正常な健康状態でも現れる。

エ 気つけとは、心臓の働きの低下による一時的なめまい、立ちくらみ等の症状に対して、意識をはっきりさせたり、活力を回復させる効果のことである。

1(ア、イ)
2(ア、エ)
3(イ、ウ)
4(ウ、エ)

解答解説はこちらをクリック

正解:2

1正
2誤:10mg以下→ 5mg以下
3誤:体性神経系→ 自律神経系
4正

九州受験応援キャンペーン中


詳細はこちらから。

登録販売者 漢方苦手対策講座


画像をクリックすると講座詳細・購入ページに進みます。

 

 

多くの人が、苦手とする生薬、漢方処方製剤。「ポイントに目を光らせるとすごく問題が解きやすくなる」それが理解できるよう、過去問をピックアップし、「生薬学博士」のアフロ先生が解説。漢方の苦手対策ができる講座です。
最短合格点数取得対策に、平均的な生薬・漢方問題を集め、代表的な東京(首都圏ブロック)から問題を選抜しました。

平成30年度全ブロック漢方生薬問題の全問題解説(無料)

画像をクリックしていただくと解説ページに進みます。

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia