ニュース&トピックス

合格への道ー弊社スタッフの合格体験記・番外編

番外編です。漢方成分の覚え方 です。
とにかく、本編で述べたように、第3章のまとめノートをつくったりと。。。無駄なこと、ではなく、、、精神安定のために少し時間のかかることをするのがすきです(笑)
なので、参考までに。

漢方成分の覚え方はキーワードを覚えることですよね。
私は、最短合格講座のスクショを切り貼りして、コピーしたものをテキストに挟んで、事あるごとに確認しておりました
同じ分野が1枚、もしくは2枚で目の中に入るのはとても覚えやすかったように思います。
(画像参照)
分野ごとに、各漢方の説明の中で、他の漢方には出てこないキーワードにマーカーでしるしをつけて、覚えました。
重要構成成分 カンゾウ、マオウ、ダイオウは、すでに先生が記しをつけてくれているので、とても役に立ちました。

それでも、その漢方固有のキーワードがない場合などは、キーワードの組み合わせで覚えました。

また、分野をまたいでの情報は中々、一人で見つけるのは難しいのですが、アフロ先生が講座内で教えてくれるので、それをその紙にメモして、情報を増やしていきました。そして、覚えたら、アウトプット!問題を解いて記憶を確実なものにしていきます。

まとめ好きの皆様の参考に。

トップに戻る

合わせて読みたい

★H30漢方生薬問題全問解説
–第3章全40問のうち大多数のブロックで10問前後出題されている漢方生薬問題を頻出ランキング順で全問解答解説してます。
http://afro.elearning.co.jp/?page_id=15847

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia