ニュース&トピックス

アフロ先生新講座が66%OFFのキャンペーン!(2020/1/15~31)

いつもこちらのアフロ先生サイトをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

たくさんお問合せ頂いておりました、アフロ先生の講座がいよいよ2020年1月15日(水)に開講させて頂きます。

アフロ先生講座の特徴 \ 頻出出る順は/ もちろんのこと、最新の2回の出題の手引きの変更に対応しています。

定価15,000円を、下記アンケートにご協力いただける方に限り、2020年1月31日(金)まで5,000円でご購入いただけます。

これから登録販売者資格をご検討の方、この機会をぜひご利用頂ければ幸いです。

アフロ先生新講座が66%OFFのキャンペーン!

ご受講者のお声は、今後の受講生へ大変参考になります。

▼前回は91件もレビュー頂き、大変高い評価をたくさんありがとうござました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、講座ご購入いただいた後、アンケートにご協力いただける方へ大幅ディスカウントのキャンペーンを行います。

定価15000円を、レビューにご協力いただける方は5000円でご購入していただけます。

▼投稿方法
http://elearning.co.jp/?page_id=24900

『アフロ先生と学ぶ登録販売者合格講座-令和版 』詳細

【価格】

キャンペーン価格 5,000円(税込) (通常価格15,000円(税込))

※2020/1/31まで期間限定価格

【講座収録時間】

約22時間

【目次】

・ガイダンス 

・第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 

第1章テキスト(PDF) 

高齢者 

小児 

妊婦又は妊娠していると思われる女性、母乳を与える女性(授乳婦) 

医療機関で治療を受けている人 

副作用・アレルギー(過敏反応) 

薬理作用による副作用 

食品との飲み合わせ 

他の医薬品との相互作用 

医薬品を本来の目的以外の意図で使用する不適切な使用 

医薬品の品質 

プラセボ効果 

医薬品の本質 

医薬品のリスク評価 

健康食品 

販売時のコミュニケ-ション 

一般用医薬品で対処可能な症状等の範囲 

CJD訴訟 

サリドマイド訴訟 

スモン訴訟 

HIV訴訟 

・第2章 人体の働きと医薬品 

第2章テキスト(PDF) 

1泌尿器系 

2消化器系 

3循環器系 

4呼吸器系 

5感覚器官(目・鼻・耳) 

6外皮系 

7骨格系 

8筋組織 

9脳や神経系 

10消化器系に現れる副作用 

11呼吸器系に現れる副作用 

12感覚器系に現れる副作用 

13皮膚に現れる副作用 

14循環器系に現れる副作用 

15重篤な皮膚粘膜障害 

16肝機能障害 

17ショック(アナフィラキシー) 

18偽アルドステロン症 

19無菌性髄膜炎、精神神経障害 

20薬の体内での働き 

・第3章 主な医薬品とその作用 

第3章1-20テキスト(PDF) 

第3章21-40テキスト(PDF) 

1かぜの諸症状、かぜ薬の働き 

2かぜ薬の主な配合成分等 

3かぜ薬の主な副作用、相互作用、受診勧奨 

4眠気を防ぐ薬 

5眩暈薬(乗り物酔い防止薬) 

6眠気を促す薬 

7小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬) 

8解熱鎮痛剤 

9強心薬 

10高コレステロール改善薬 

11その他の循環器用薬 

12貧血用薬 

13胃腸鎮痛鎮痙薬 

14胃の薬、胃の不調、薬が症状を抑える仕組み 

15浣腸薬 

16駆虫薬 

17頭皮、毛根に作用する配合成分 

18抗真菌作用を有する配合成分 

19痒み、腫れ、痛み等を抑える配合成分 

20きず口等の殺菌消毒 

21抗菌作用を有する配合成分 

22咳止め、痰を出しやすくする薬(鎮咳去痰) 

23口腔咽頭薬、うがい薬 

24痔の薬の代表的な配合成分等、主な副作用 

25内用痔疾用薬 

26その他の泌尿器用薬 

27消毒薬 

28殺虫剤、忌避剤 

29眼科用薬 

30禁煙補助剤 

31その他の生薬製剤 

32漢方処方製剤、生薬製剤 

33滋養強壮保健薬 

34鼻に用いる薬 

35内服アレルギー用薬 

36歯痛、歯槽膿漏薬 

37口内炎用薬 

38婦人薬 

39尿糖、タンパク検査薬 

40妊娠検査薬 

・第4章 薬事関係法規・制度 

第4章テキスト(PDF) 

1医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の目的等 

2登録販売者 

3医薬品の定義と範囲 

4一般用医薬品、要指導医薬品と医療用医薬品 

5毒薬・劇薬 

6一般用医薬品のリスク区分 

7容器・外箱等への記載事項 

8医薬部外品 

9化粧品 

10保健機能食品等の食品 

11医薬品販売の許可の種類と許可行為の範囲 

12薬局(調剤薬局) 

13店舗販売業(ドラッグストア) 

14配置販売業(置き薬) 

15リスクに応じた販売従事者等、情報提供 

16リスク区分に応じた陳列等 

17薬局又は店舗における掲示 

18特定販売 

19医薬品の購入等に関する記録等 

20その他の遵守事項等 

21適正な販売広告 

22医薬品等適正広告基準 

23適正な販売方法(不適正な販売方法) 

24行政庁の監視指導 

・第5章 医薬品の適正使用・安全対策 

第5章テキスト(PDF) 

1 医薬品の適正使用情報 

2 添付文書の読み方(医薬品の適正使用情報) 

3 製品表示の読み方(医薬品の適正使用情報) 

4 安全性情報など、その他の情報(医薬品の適正使用情報) 

5 副作用情報等の収集(医薬品の安全対策) 

6 副作用情報等の評価及び措置(医薬品の安全対策) 

7 医薬品による副作用等が疑われる場合の報告の仕方 

8 医薬品の副作用被害救済制度 

9 一般用医薬品に関する主な安全対策 

10医薬品の適正使用のための啓発活動 

【受講可能期間】

365日間

【学習可能デバイス】 

 PC(Windows・Mac両対応)・iPhone・iPad・Android端末対応

 (※端末・環境により閲覧できない場合があります。無料体験で予めご確認頂けます。)  

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:kinugasan