ニュース&トピックス

かぜ薬~R1漢方生薬問題全問解説

項目別出題数第8位

かぜ薬は、半分の5ブロックで1問から2問出題されています。ほぼ漢方の問題です。キーワードとカンゾウ・マオウが含まれているのかどうか(とその成分の副作用)をよく覚えましょう。

「出題漢方」  葛根湯, 麻黄湯, 小柴胡湯, 柴胡桂枝湯, 小青竜湯, 半夏厚朴湯, 麦門冬湯  

関西広域連合・福井

問3

漢方処方製剤に関する副作用の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。 
 
a 葛根湯、小青竜湯にはカンゾウが含まれているので、重篤な副作用として偽アルドステロン症を生じることがある。 
b 麻黄湯は、胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人では、悪心、胃部不快感、発汗過多、全身脱力感等の副作用が現れやすいので、不向きである。 
c 小柴胡湯は、まれに重篤な副作用として間質性肺炎や肝機能障害を生じるが、インターフェロン製剤を併用すると副作用は軽減される。 
d 小建中湯は、重篤な副作用として、間質性肺炎や肝機能障害を生じる。 
 

1 (a)正 (b)正 (c)正 (d)誤 
2 (a)正 (b)正 (c)誤 (d)正 
3 (a)正 (b)正 (c)誤 (d)誤 
4 (a)誤 (b)誤 (c)正 (d)誤 
5 (a)誤 (b)正 (c)誤 (d)正 

解答解説はこちらをクリック

正解:3
a正
b正
c誤: 小柴胡湯単体でも発生するが、インターフェロン製剤の併用でも副作用が現れるおそれが高まる。
d誤:小建中湯→小柴胡湯、柴胡桂枝湯

問 4

かぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。 
 
a 葛根湯は、感冒の初期であれば、体力の程度にかかわらずだれにでも適している。 
b 麻黄湯は、体力充実したかぜの後期の諸症状に適している。 
c 桂枝湯は、体力虚弱で、汗が出るもののかぜの初期に適している。 
d 小青竜湯は、体力中等度またはやや虚弱で、うすい水様の痰を伴う咳や鼻水が出るものの気管支炎、感冒等に適している。 
 

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)

解答解説はこちらをクリック

正解:4
a誤:体力の程度にかかわらず→体力が中等度以上の人
b誤:かぜの後期→かぜのひき始め
c正
d正

中国ブロック

問 5

かぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤に関する記述のうち、誤っているものはどれか。
 
1 麻黄湯は、体力充実して、かぜのひきはじめで、寒気がして発熱、頭痛があり、咳が出て身体のふしぶしが痛く汗が出ていないものの感冒、鼻かぜ、気管支炎、鼻づまりに適すとされる。
 
2 葛根湯は、体力中等度以上のものの感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛みに適すとされる。 
 
3 小柴胡湯は、体力中等度で、ときに脇腹(腹)からみぞおちあたりにかけて苦しく、食欲不振や口の苦味があり、舌に白苔がつくものの食欲不振、吐きけ、胃炎、胃痛、胃腸虚弱、疲労感、かぜの後期の諸症状に適すとされる。 
 
4 柴胡桂枝湯は、体力中等度以上で、うすい水様の痰を伴う咳や鼻水が出るものの気管支炎、気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症に適すとされる。 

解答解説はこちらをクリック

正解:4
a正
小青竜湯の説明

柴胡桂枝湯;体力中等度又はやや虚弱で、多くは腹痛を伴い、ときに微熱・寒気・頭痛・吐きけなどのあるものの胃腸炎、かぜの中期から後期の症状に適すとされる。 まれに重篤な副作用として間質性肺炎、肝機能障害を生じ ることが知られており、その他の副作用として、膀胱炎様症状(頻尿、排尿痛、血尿、残尿感)が現れることもある。

四国ブロック

問 6

次のかぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤のうち、糖尿病の診断を受けた人では、症状を悪化させるおそれがあるものの組合せを下欄から選びなさい。 
 
a 麦門冬湯 
b 小青竜湯 
c 桔梗湯 
d 葛根湯 
 

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)
 

解答解説はこちらをクリック
正解:3

マオウを含むのは小青竜湯と葛根湯

手引き 別表5-2参照 マオウ 肝臓でグリコーゲンを分解して血糖値を上昇させ る作用があり、糖尿病の症状を悪化させるおそれ があるため。

九州・沖縄ブロック

問 3

以下の記述にあてはまるかぜ薬の漢方処方製剤として、最も適切なものを下から一つ選びなさい。
 
体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様の痰を伴う咳や鼻水が出るものの気管支炎、気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症に適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人では、悪心、胃部不快感等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。 
まれに重篤な副作用として、肝機能障害、間質性肺炎、偽アルドステロン症を生じることが知られている。 
 

1 葛根湯  
2 柴胡桂枝湯
3 小青竜湯 
4 半夏厚朴湯
5 麻黄湯 

解答解説はこちらをクリック

正解:3
キーワード うすい水様の痰を伴う咳や鼻水が出るものの気管支炎

※問題解説に関しましては、テキスト「アフロ先生と学ぶ登録販売者合格テキスト」及び、厚生労働省試験問題作成に関する手引き(平成30年3月)をもとに弊社独自に作成したものです。
内容については一切保証いたしません。

R1漢方生薬問題全問解説 TOPページへ戻る

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia