ニュース&トピックス

【読むeラーニング】第2章人体の働きと医薬品~その144 ~2-11 大腸

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座「大腸」より

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座「大腸」より

その143の続き)

大腸では消化はほとんど行われません。
大腸の粘膜から分泌される粘液、大腸液っていうんですけど、便塊を粘膜上皮と分離しやすく滑らかにします。
つまり排泄しやすくしているということですね。
大腸から分泌される粘液、大腸液は、糞便を排泄しやすくしてるということです。
次いきましょう。
大腸内には腸内細菌が多く存在し、小腸のところで間違い文章として出てきたやつですね、大腸内には腸内細菌が多く存在し、腸管内の食物繊維(難消化性多糖類)を発酵分解します
最近、腸活とかっていう言葉がはやって、腸内細菌環境、いろいろ見直されてきてますけどね、あれは大腸の話ですからね。
大腸の腸内細菌は、血液凝固や骨へのカルシウム定着に必要な、ここポイントです、ビタミンK、これもねビタミン何々って言ったらK以外にいろいろ変えて出題されますからね。
ビタミンK等の物質も産生してるのが大事です。
ビタミンKですよ。
次、直腸は、大腸の終末の部分で、肛門へと続いています。
通常、糞便は下行結腸、これですね下に、下行結腸、S字結腸に滞留してます。
直腸には糞便は滞留しません、通常はね。
普通はS字結腸から下行結腸のここの部分に通常糞便は滞留しています
肛門にすぐつながってるから、直腸に糞便が滞留しているように思ってしまいがちですけどね、そんなことありませんよ。

その145へ続きます)

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:kobayashiseira