早くも令和元年度の試験の解説をアフロ先生にしていただきました。
こちらでは、一部を公開いたします。
令和元年度 奈良 試験問題

 

 

全問アフロ先生解説をご覧になりたい方はこちらからお買い求めいただけます。

https://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/2278/2100/

I 医薬品に共通する特性と基本的な知識

3.健康食品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを一つ選びなさい。

a 「機能性表示食品」は、健康の維持及び疾病の治療に役立つ旨又は適する旨を表示するものである。
b 健康補助食品(いわゆるサプリメント)の中にはカプセル、錠剤等の医薬品と類似した形状で発売されているものも多く、誤った使用法により健康被害を生じた例も報告されている。
c 「栄養機能食品」は、タンパク質、脂質及び炭水化物に対して「栄養機能の表示」ができる。
d 医薬品を扱う者は、いわゆる健康食品は医薬品と異なるものであることを認識し、消費者指導・説明を行わなくてはならない。

a  b  c  d
1  誤 正 誤 誤
2  正 誤 正 正
3  誤 正 正 誤
4  正 誤 誤 正
5  誤 正 誤 正

解答解説はこちらをクリック

正解:5
a.誤 疾病の治療→増進
b.正
c.誤 タンパク質、脂質及び炭水化物→各種ビタミン、ミネラル
d.正

9.小児等が医薬品を使用する場合に留意すべきことに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

a 医薬品の使用上の注意において、乳児、幼児、小児という場合には、おおよその目安として、乳児は1歳未満、幼児は5歳未満、小児は15歳未満との年齢区分が用いられている。
b 乳児向けの用法用量が設定されている医薬品であっても、乳児は医薬品の影響を受けやすく、また、状態が急変しやすいため、一般用医薬品の使用の適否が見極めにくい。
c 5歳未満の幼児に使用される錠剤やカプセル剤等の医薬品では、服用時に喉につかえやすいので注意するよう添付文書に記載されている。
d 小児は大人と比べて身体の大きさに対して腸が短く、服用した医薬品の吸収率が相対的に低い。

a  b  c  d
1  正 正 正 誤
2  正 誤 正 正
3  誤 正 正 誤
4  誤 正 誤 正
5  正 誤 誤 正

解答解説はこちらをクリック

正解:3
a.誤 幼児は7歳未満
b.正
c.正
d.誤 高い

Ⅱ 人体の働きと医薬品

22.次の呼吸器系に関する記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 喉頭は、鼻腔と口腔につながっている部分で、消化管と気道の両方に属する。
2 扁桃は、咽頭と気管の間にある軟骨に囲まれた円筒状の器官で、発声器としての役割もある。
3 間質は、肺胞と毛細血管を取り囲んで支持している組織である。
4 気管は、咽頭から肺へ向かう気道が左右の肺へ分岐するまでの部分で、その粘膜は線毛上皮で覆われている。

解答解説はこちらをクリック

正解:3
a.誤 喉頭→咽頭
b.誤 扁桃→喉頭
c.正
d.誤 咽頭→喉頭

24.血液に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

a 赤血球は、中央部がくぼんだ円盤状の細胞で、血液全体の約40%を占め、赤い血色素(ヘモグロビン)を含む。
b 血管の損傷部位には、白血球が粘着、凝集して傷口を覆う。
c 血漿は、90%以上が水分からなり、アルブミン、グロブリン等のタンパク質のほか、微量の脂質、糖質、電解質を含む。
d リンパ球は、白血球の約60%を占め、細菌やウイルスなどを食作用によって取り込んで分解する。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d)  4(c、d)

解答解説はこちらをクリック

正解:2
a.正
b.誤 白血球→血小板
c.正
d.誤 リンパ球→好中球

Ⅳ 薬事に関する法規と制度

47.毒薬及び劇薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

a毒薬又は劇薬を、14歳未満の者その他安全な取扱いに不安のある者に交付することは禁止されている。
b店舗の管理者が薬剤師である店舗販売業者は、劇薬を開封して販売してはならない。
c毒薬及び劇薬には、薬効が期待される摂取量(薬用量)と中毒のおそれがある摂取量(中毒量)が接近しており安全域が狭いため、その取扱いに注意を要するものも指定されている。
d毒薬又は劇薬を、一般の生活者に対して販売又は譲渡する際には、販売又は譲渡する者が、品名、数量、譲渡年月日を記載し、譲り受ける者に交付しなければならない。

a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 正 正 誤
3 正 誤 正 誤
4 誤 誤 誤 正
5 誤 正 正 誤

解答解説はこちらをクリック

正解:3
a.正
b.誤 管理者が薬剤師の店舗販売業と卸売は毒劇の開封販売OK!
c.正
d.誤 譲渡する側じゃなく、される側が記載して、譲渡する側に交付する。

49.一般用医薬品のうち、濫用のおそれのあるものとして厚生労働大臣が指定する医薬品を販売する場合、医薬品医療機器等法施行規則第15条の2の規定に基づき、薬剤師又は登録販売者に必ず確認させなければならない事項として、誤っているものを1つ選びなさい。

1 当該医薬品を購入しようとする者及び当該医薬品を使用しようとする者の他の薬局開設者、店舗販売業者又は配置販売業者からの当該医薬品及び当該医薬品以外の濫用等のおそれのある医薬品の購入又は譲受けの状況
2当該医薬品を使用しようとする者の氏名及び住所
3当該医薬品を購入しようとする者が、若年者である場合にあっては、当該者の氏名及び年齢
4当該医薬品を購入しようとする者が、適正な使用のために必要と認められる数量を超えて当該医薬品を購入しようとする場合は、その理由

解答解説はこちらをクリック

正解:2

2 ×住所→年齢

・氏名及び年齢
・他の薬局開設者、店舗販売業者又は配置販売業者からの当該医薬品及び当該医薬品以外の濫用等のおそれのある医薬品の購入 又 は譲受けの状況
・適正な使用のために必要と認められる数量を超えて当該医薬品を購入し、 又 は譲り受けようとする場合は、その理由
・その他当該医薬品の適正な使用を目的とする購入又 は譲受けであることを確認するために必要な事項

55.保健機能食品等の食品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

a 食品安全基本法及び食品衛生法において、医薬品、医薬部外品及び再生医療等製品以外のすべての飲食物は食品であると定義されている。
b 特定保健用食品、特別用途食品、機能性表示食品を総称して、保健機能食品といい、食生活を通じた健康の保持増進を目的として摂取される食品である。
c 特定保健用食品は、健康増進法に基づく許可又は承認を受けて、食生活において特定の保健の目的で摂取をする者に対し、その摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示をする食品である。
d 食品として販売されている製品であっても、効能効果の標榜内容等に照らして医薬品とみなされる場合には、無承認無許可医薬品として取締りの対象となる。

a b c d
1 正 誤 正 正
2 誤 正 誤 正
3 正 正 正 誤
4 誤 誤 正 誤
5 正 正 誤 誤

解答解説はこちらをクリック

正解:1
a.正
b.誤 特別用途→栄養機能
c.正
d.正

Ⅲ 主な医薬品とその作用

61.かぜ及びかぜ薬に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

aかぜの約8割は、細菌の感染が原因である。
bかぜの時は、安静にして休養し、栄養・水分を十分に摂ることが養生の基本である。
cかぜ薬は、細菌を体内から除去することを目的としているものが主流である。
dかぜの時に消耗しやすいビタミン又はビタミン様物質を補給することを目的として、アスコルビン酸やリボフラビンが配合されている場合がある。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)

解答解説はこちらをクリック

正解:3
a.誤 細菌→ウイルス
b.正
c.誤 症状を抑える
d.正

64.解熱鎮痛薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

a アスピリンは、他の解熱鎮痛成分と比較して胃腸障害を起こしにくい。
b アセトアミノフェンは、内服薬のほか、専ら小児の解熱に用いる坐薬に配合されている場合もあるので、このような同じ成分を含む医薬品を併用することがないよう注意が必要である。
c イブプロフェンは、プロスタグランジンの産生を抑制することで消化管粘膜の防御機能を低下させる。
d シャクヤクは、鎮痛鎮痙作用を示し内臓の痛みにも用いられる。

a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 正 誤 誤
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 正 正
5 正 誤 誤 正

解答解説はこちらをクリック

正解:4
a.誤 起こしやすい
b.正
c.正
d.正

70. 鎮咳去痰薬の配合成分とその配合目的の組み合わせについて、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。。

<配合成分>          <配合目的>
a カルボシステイン     ―   痰の切れを良くする
b ジメモルファンリン酸塩  -   気管支の平滑筋に直接作用して、気管支を拡張させる
c メチルエフェドリン塩酸塩 ―   交感神経系を刺激して気管支を拡張させる
d ジプロフィリン ― 中枢神経系に作用して咳を抑える

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)

解答解説はこちらをクリック

正解:2
a.正
b.誤 咳中枢に作用
c.正
d.誤 bとdの目的と成分が逆

80. 強心薬に配合される生薬成分とその基原の組み合わせについて、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

<生薬成分>          <基原>
a センソ     ―   シナヒキガエル等の毒腺分泌物
b インヨウカク  -   サイカレイヨウ(高鼻レイヨウ)等の角
c ロクジョウ    ―   雄のマンシュウアカジカ等の幼角
d ジャコウ    ―   ウシの胆嚢中に生じた結石

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)

解答解説はこちらをクリック

正解:2
a.正
b.誤 レイヨウカクの説明
c.正
d.誤
:生薬は漢字で書きましょう。 淫羊藿(インヨウカク)は角じゃなく植物です。羚羊角(レイヨウカク)は動物である羚羊(レイヨウ)の角です。

V医薬品の適正使用と安全対策

104. 一般用医薬品の添付文書に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

a 副作用については、まず、一般的な副作用について副作用名ごとに症状が記載され、そのあとに続けて、まれに発生する重篤な副作用について発現部位別に症状が記載されている。
b一般的な副作用として記載されている症状、例えば発疹や発赤は、医薬品の薬理作用等から発現が予測される軽微な症状であるため、医薬品の販売等に従事する専門家は、購入者に対し、特に説明する必要はない。
c重篤な副作用については、入院相当以上の健康被害につながるおそれがあるものであり、そうした重大な結果につながることを回避するため、その初期段階において速やかに医師の診療を受ける必要がある。
d漢方処方製剤では、ある程度の期間継続して使用されることにより効果が得られるとされているものが多いが、長期連用する場合には、専門家に相談する旨が記載されている。

a b c d
1   正  正  誤  正
2   誤  誤  正  正
3   誤  正  誤  誤
4   誤  誤  正  誤
5   正  誤  正  正

解答解説はこちらをクリック

正解:2
a.誤 副作用名⇔発現部位別
b.誤 必要がある。
c.正
d.正

109. 医薬品副作用被害救済制度の給付に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

a 障害年金は、医薬品の副作用により一定期程度の状態にある20歳以上の人の生活補償等を目的として給付される。
b医療費の給付は、医薬品の副作用による疾病の治療に要した費用を定額補償するものである。
c医療手当は、請求に係る医療が行われた日の属する月の翌月の初日から5年以内に請求を行う必要がある。
d遺族年金の給付は、給付期間に制限がある。

1(a 、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)

解答解説はこちらをクリック

正解:4
a.誤 20→18歳
b.誤 定額保障→実費保障。
c.正
d.正

114. 一般用医薬品の添付文書の「してはいけないこと」の項目中に、「次の診断を受けた人」と記載される基礎疾患等と主な成分・薬効群の組み合わせについて、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

<診断された基礎疾患等>               <主な成分・薬効群>
a 糖尿病                 ―   プソイドエフェドリン塩酸塩
b 透析療法を受けている人         -   スクラルファート
c 口の中に傷やひどいただれのある人    ―   ビサコジル
d 胃潰瘍                 ―   芍薬甘草湯

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)

解答解説はこちらをクリック

正解:1
a.正
b.正
c.誤 クロルヘキシジングルコン酸塩
d.誤 カフェイン

今年も随時問題追加!過去問マスター

詳細はこちらをクリック!