早くも一部解禁!令和元年度登録販売者試験アフロ先生解説

福井県の試験解説ですが、
ほとんどの問題は関西広域連合ブロック(京都・大阪・兵庫・滋賀・和歌山・徳島)一緒ですので是非ご参考ください。
問題が福井県(アフロ先生解説)と違うものは以下です。
問29・32

以下試験問題です。解説を見る前に是非解いてみてください。

令和元年福井県 IV 主な医薬品とその作用

問21
かぜおよびかぜ薬(総合感冒薬)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
a かぜ薬の多くは、原因となるウイルスの増殖を抑制する作用を有する。
b かぜであるからといって、必ずしもかぜ薬を選択するのが最適とは限らない。
c 急激な発熱を伴う場合や、症状が4日以上続くとき、または症状が重篤なときは、かぜではない可能性が高い。
d かぜ薬に配合される主な解熱鎮痛成分としては、アスピリンやアセトアミノフェン、イブプロフェンなどがある。

a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 正 正 正 正

解答解説はこちらをクリック

正解:4
a.誤 ウイルスではなく風邪の症状を抑える
b.正
c.正
d.正

問22

かぜ薬の成分に関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。
( a )は15歳未満の小児で水痘(水疱瘡)またはインフルエンザにかかっているときには使用を避ける必要があるが、
一般の生活者にとっては、かぜとインフルエンザとの識別は必ずしも容易でない。
インフルエンザの流行期には解熱鎮痛成分が( b )や生薬成分のみからなる製品の選択を提案するなどの対応を図ることが重要である。
a              b
1 アセトアミノフェン    エテンザミド
2 アセトアミノフェン    クロルフェニラミンマレイン酸塩
3 エテンザミド       クロルフェニラミンマレイン酸塩
4 エテンザミド       アセトアミノフェン
5 クロルフェニラミンマレイン酸塩    アセトアミノフェン

解答解説はこちらをクリック

正解:4
基本 小児は アセトアミノフェン

問23
漢方処方製剤に関する副作用の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
a 葛根湯、小青竜湯にはカンゾウが含まれているので、重篤な副作用として偽アルドステロン症を生じることがある。
b 麻黄湯は、胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人では、悪心、胃部不快感、発汗過多、全身脱力感等の副作用が現れやすいので、不向きである。
c 小柴胡湯は、まれに重篤な副作用として間質性肺炎や肝機能障害を生じるが、インターフェロン製剤を併用すると副作用は軽減される。
d 小建中湯は、重篤な副作用として、間質性肺炎や肝機能障害を生じる。

a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 誤 誤 正 誤
5 誤 正 誤 正

解答解説はこちらをクリック

正解:3

a.正
b.正
c.誤 小柴胡湯単体でも発生するが、インターフェロン製剤の併用でも副作用が現れるおそれが高まる。
d.誤 小建中湯→小柴胡湯、柴胡桂枝湯

問24

かぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。
a 葛根湯は、感冒の初期であれば、体力の程度にかかわらずだれにでも適している。
b 麻黄湯は、体力充実したかぜの後期の諸症状に適している。
c 桂枝湯は、体力虚弱で、汗が出るもののかぜの初期に適している。
d 小青竜湯は、体力中等度またはやや虚弱で、うすい水様の痰を伴う咳や鼻水が出るもの
の気管支炎、感冒等に適している。
1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)

解答解説はこちらをクリック

正解:4

a.誤 体力の程度にかかわらず→体力が中等度以上の人
b.誤 かぜの後期→かぜのひき始め
c.正
d.正

問25
解熱鎮痛薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
a 発熱や痛みの原因となっている病気や外傷を根本的に治すものではない。
b イブプロフェンは、体内におけるプロスタグランジンの産生を抑制し、痛みや発熱を緩和する。
c 腎機能に障害がある場合でも、その症状を悪化させることはない。
d 心臓に障害がある場合でも、その症状を悪化させることはない。

a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 誤 誤
4 誤 誤 正 正
5 誤 誤 正 誤

解答解説はこちらをクリック

正解:1

a.正
b.正
c.誤 悪化させる
d.誤 悪化させる

問26
解熱鎮痛薬の副作用に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。
a 重篤な副作用として、ショック(アナフィラキシー)、皮膚粘膜眼症候群や中毒性表皮壊死融解症、喘息を生じることがある。
b アスピリン喘息は、解熱鎮痛成分の中でもアスピリン特有の副作用である。
c サリチル酸系解熱鎮痛成分は、ライ症候群の発生が示唆されている。
d 基礎疾患がなければ、解熱鎮痛薬を長期連用しても、副作用は生じない。
1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)

解答解説はこちらをクリック

正解:2

a.正
b.誤 アスピリン→他の解熱鎮痛成分でも生じることがある NSAIDs
c.正
d.誤 基礎疾患がない場合でも、長期間にわたって解熱鎮痛薬を使用すると、
自覚症状がないまま徐々に臓器の障害が進行するおそれがあるため、長期連用は避けるべきである。

問27
抗ヒスタミン成分を主薬とする催眠鎮静薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
a 脳内におけるヒスタミン刺激を増加させることにより、眠気を促す。
b 妊婦または妊娠していると思われる女性でも、使用を避ける必要はない。
c 慢性的に不眠症状がある人を対象とするものではない。
d 目が覚めたあとも、注意力の低下やめまいを起こすことがあるので、注意が必要である。

a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 誤
3 正 誤 誤 正
4 誤 誤 正 正
5 誤 誤 正 誤

解答解説はこちらをクリック

正解:4

a.誤 増加→抑制
b.誤 出題手引きより妊婦又は妊娠していると思われる女性には、睡眠改善薬の使用は避ける。と記載あり
c.正
d.正

問28
神経質、精神不安、不眠等の症状の改善を目的とした漢方処方製剤に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
a 加味帰脾湯は、体力中等度以下で、心身が疲れ、血色が悪く、ときに熱感を伴うものの精神不安や神経症、不眠症に適している。

b 柴胡加竜骨牡蛎湯は、体力中等度以下で、心身が疲れ、精神不安、不眠などがあるものの不眠症に適している。

c 酸棗仁湯は、体力中等度以上で、精神不安があって、動悸、不眠、便秘などを伴う高血圧の随伴症状、神経症に適している。

d 抑肝散は、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの不眠症などに用いられ、また小児夜なきにも適している。

a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 誤
3 誤 正 正 正
4 正 誤 誤 正
5 誤 正 誤 正

解答解説はこちらをクリック

正解:4

難問
a.正
b.誤 柴胡加竜骨牡蛎湯→酸棗仁湯
c.誤 酸棗仁湯→柴胡加竜骨牡蛎湯

柴胡加竜骨牡蛎湯 体力中程度以下
酸棗仁湯 体力中等度以上

d.正

問29
カフェインに関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
a 反復摂取により依存を形成する性質があるため、短期間の服用にとどめ連用をしない。
b 心筋を興奮させる作用があるため、心臓病のある人は服用を避ける。
c 胃液分泌亢進作用があるため、胃潰瘍のある人は服用を避ける。
d 血液-胎盤関門を通過しないので、妊娠中に服用しても、胎児の発達に影響はない。

a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 誤 誤 正 誤
5 誤 正 誤 正

解答解説はこちらをクリック

正解:1

a.正
b.正
c.正
d.誤 通過しない→通過する 影響はない→影響をおよぼす可能性がある

問30
鎮暈薬(乗物酔い防止薬)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
a ジフェニドール塩酸塩は、眠気、排尿困難、縮瞳といった副作用を示す。
b ジメンヒドリナートやメクリジン塩酸塩は、一般用医薬品では専ら乗物酔い防止薬に配合される抗ヒスタミン成分である。
c スコポラミン臭化水素酸塩水和物は、抗コリン成分である。
d ジプロフィリンは、胃粘膜への局所麻酔作用により嘔吐刺激を和らげる。

a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 正 誤 誤
3 誤 正 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 誤

解答解説はこちらをクリック

正解:3

a.誤 抗コリン作用 縮瞳→散瞳
b.正
c.正
d.誤 キサンチン成分(カフェインなどと一緒)中枢興奮成分

問31
咳を抑えることを目的とする成分のうち、麻薬性鎮咳成分であり、授乳中の女性が避けなければならない成分はどれか。
1 ノスカピン塩酸塩
2 チペピジンヒベンズ酸塩
3 クロペラスチン塩酸塩
4 ジヒドロコデインリン酸塩
5 ジメモルファンリン酸塩

解答解説はこちらをクリック

正解:4

麻薬性鎮咳成分ときたら、すぐに答えられるように。
麻薬性鎮咳成分はジヒドロコデインリン酸塩のみ。他は全て非麻薬性

問32

咳止めや痰を出しやすくする目的で用いられる漢方処方製剤に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
a 麻杏甘石湯は、体力中等度あるいはそれ以上で、咳が出て、ときにのどが渇くものの咳、気管支炎、小児喘息に適している。
b 麦門冬湯は、体力中等度以上のもので、水様性の痰が多い人に適している。
c 半夏厚朴湯は、体力中等度をめやすとして、気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う不安神経症、咳、しわがれ声に適している。
d 柴朴湯は、まれに重篤な副作用として、間質性肺炎、肝機能障害を生じることが知られている。
a b c d
1 正 誤 正 正
2 正 正 正 誤
3 正 正 誤 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 正

解答解説はこちらをクリック

正解:1
難問
a.正
b.誤 体力中等度以上→以下、適している→不向き
c.正
d.正

試験直前対策講座

令和元年度 登録販売者試験 奈良県解答解説

アフロ先生による、令和元年度最初の試験・奈良県の全問解説講座です。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

登録販売者 過去問マスター 令和元年度_問題解説付き
クイズを解くように過去問を解こう! 隙間時間、がっつり勉強できない時など使い方はいろいろ。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

登録販売者 漢方苦手対策講座
「ポイントに目を光らせるとすごく問題が解きやすくなる」それが理解できるよう、過去問をピックアップし、「生薬学博士」のアフロ先生が解説。漢方の苦手対策ができる講座です。