好評につき!

今年も 登録販売者試験の

漢方生薬問題のみピックアップしてみました。
+++——————————————————————-+++

 

 

各ブロックで出題数を見てみると、例年通り第3章全40問のうち大多数のブロックで10問前後出題されています。(1選択肢のみのものも含んでいます)

全体的に昨年度より減っていますが、首都圏と北関東甲信越は増えています。首都圏や四国では生薬で難問が出題されていますが、そのほかは頻出問題を押さえることで対策できるのではと思われます。

 

ブロック 出題数 ブロック 出題数
北海道・東北 7 奈良 10
関西広域連合 9 福井 9
関東・甲信越 9 中国 7
北陸・東海 9 四国 14
首都圏(東京) 18 九州・沖縄 11

 

 

項目別は、以下になります。上位については、昨年と比べると順位に多少入れ替えががありますが頻出なものは同じことが分かります。

 

※関西広域連合と福井の問題が同じなため実質カッコ内が問題合計数になります。

項目 出題数 項目 出題数
鎮咳去痰薬 11(10) アレルギー用薬 3
漢方処方製剤 11(9) 痔の薬 3
強心薬 9(8) 泌尿器 3
婦人薬 9(8) 口や口中に用いる薬 3
胃の薬 8(7) 口腔咽喉薬、咳嗽薬 1
解熱鎮痛薬 7 駆虫薬 1
眠気を促す薬 7(6) 胃腸鎮痛薬 1
かぜ薬 7(5) その他循環器 1
腸の薬 5 滋養強壮保健薬 1
小児鎮静薬 4
皮膚に用いる薬 4
その他生薬製剤 4

 

 

それでは、上位から問題を見てみることにしましょう。どのような漢方、生薬が出題されているのでしょうか。

 

・鎮咳去痰薬

漢方処方製剤

強心薬

婦人薬

胃の薬

解熱鎮痛薬

眠気を促す薬

かぜ薬

腸の薬

小児鎮静薬

皮膚に用いる薬

その他生薬製剤

アレルギー用薬

痔の薬

泌尿器

口や口中に用いる薬

口腔咽喉薬、咳嗽薬

駆虫薬

胃腸鎮痛薬

その他循環器

滋養強壮保健薬