その1-まずは自分の受験地を心得よ

登録販売者試験は、ブロックごとに同じ試験問題となっています。
ご自分が受験される都道府県がどのブロックかによって 傾向と対策が変わってきますので、勉強を始める際には「どの地域で受験をするか」を念頭において勉強を進めるとよいでしょう。
また過去問演習については、受験予定のブロックの過去問を活用することが有効といえるでしょう。
ブロック詳細はこちらをクリック

その2-ブロックごとの傾向に合った勉強法を心得よ

ブロックごとに問題の難易度が異なります。また合格率も地域によって差があります。
まずは受験地の試験情報を知ることが、勉強の第一歩と言えるでしょう。
関連動画→「登録販売者試験~ブロックごとに合格率が違う理由とは!? 」
ブロック別合格率はこちらをクリック
ブロック別傾向と対策はこちらをクリック

その3-各章の基準点を超えないと合格できない事を心得よ

合格基準(試験問題全体の7割を正解)をクリアしているだけでは合格できません。 各分野ごとの合格基準(各分野3.5割~4割の得点)を下回れば、不合格となります。そのため受験地の試験問題の傾向を知り、「苦手な分野」には特に力を入れて勉強することが大切です。