登録販売者とは?

登録販売者とは、ドラッグストアや薬局などで一般用医薬品(かぜ薬や鎮痛剤など)の販売ができる医薬品販売専門資格です。
登録販売者がいれば一般用医薬品の大多数を占める第2類・第3類医薬品の販売が可能になるので、企業にとって大きな戦力に! ニーズが高く、就職・転職にも有利な注目資格です。

受験資格について

受験資格なし。誰でも何回でも受験できます。
※平成27年度以降の登録販売者試験で、平成26年度以前の試験で受験資格として定められていた実務経験要件等が不要となりました。

どんな人が向いてるの?

一般医薬品を購入しにくるお客様から薬についての質問や相談を受けることがあります。ですから相手の話をよく聞き、正しく状況を判断したうえで、わかりやすい言葉で伝えることが必要となります。

・人と話すのが好き
・人の役に立ちたい

など、人と関わることが好きな方に向いている資格と言えます。

また医薬品の情報は常に変わっていきます。そのため、資格を取得してもなお新しいことを学び続ける姿勢が必要です。

何に役立つの?

登録販売者資格は医療系の国家資格なのでドラッグストア等全国どこでも通用して役立ちます。
薬品を扱うコンビニなども増えてきましたが、まだまだ登録販売者の数は全国的に不足しており需要の高い資格と言えます。

また、資格を取得することで、資格手当が支給される、店舗での責任者となれる、高い時給で採用される、などの処遇面でのメリットも期待できます。
平成27年度より受験資格要件が撤廃されたため、誰でも受験できるようになりました。今が資格取得のチャンスと言えます。

資格取得後について

<働き方をイメージする>

資格を取った後に、すぐに生かすためにも具体的イメージは必要ですね。
勉強中のモチベーションアップにも繋がります。

たとえば、
経営する整骨院の横に、関連する一般用医薬品を置きたい。
ドラッグストアで店長になりたい。
コンビニに、需要の多い一般用医薬品を置きたい。
子育てをしながら自給の良いパートとして働きたい
等々。

資格取得後のQ&Aを集めたページもありますので、ぜひご参照ください。
http://afro.elearning.co.jp/?page_id=9267

 

<販売従事登録について>

登録販売者として働くには、各都道府県にて販売従事登録が必要となります。

【登録販売者取得後のQ&A】販売従事登録について>>詳しくはコチラをご覧ください

(※申請については、必ず各都道府県薬務課にてご確認をお願いいたします。)