28年度の試験結果を見てみると、全体的に合格率が下がっている地域が多いことが分かります。

注目すべきは、いよいよ60%を超える合格率の地域がなくなった、という点です。

また受験者数自体は全体的に増加の傾向にあり、登録販売者への注目度は年々高まっているようです。

取得が難しい資格となっていきそうです、チャレンジするなら今ですね!!!

※問題は都道府県(ブロックごと)に異なります。試験の難易度にも違いがありますので、しっかりと試験情報を見極める必要がありますね。

 

平成28年度登録販売者試験 都道府県別合格率一覧

赤字は60%台➡28年度は該当する地域なし
オレンジは50%台

都道府県名

試験日

受験者数

合格者数

合格率

北海道 8月31日 1,652 895 54.2% ↓(65.0%)
青森県 8月31日 592  277 46.8% (58.2%)
岩手県 8月31日 481 245 50.9% ↓(66.2%)
宮城県 8月31日 752 394 52.4% ↓(64.2%)
山形県 8月31日  329 163 49.5% 57.4%)
福島県 8月26日 879 433 49.3% ↓(57.4%)
茨城県 9月14日  1,543 575 37.3% ↓(44.8%)
栃木県 9月14日  1,007 362 35.9% ↓(41.4%)
群馬県 9月11日 1,443 583 40.4% ↓(46.6%)
埼玉県 9月11日  2,151 678 31.5% ↓(40.1%)
千葉県 9月11日  1,987 651 32.8%↓(40.6%)
東京都 9月11日 5,344 1,732 32.4%↓(40.6%)
神奈川県 9月11日  2,365 881 37.3%↓(44.3%)
新潟県 9月14日  828 269 32.5%↓(39.1%)
山梨県 9月14日  402 145 36.1%↓(40.5%)
長野県 9月14日  1,001 305 30.5%↓(39.8%)
富山県 9月7日  674 332 49.3%↑(47.9%)
石川県 9月7日 605 267 44.1%↓(48.0%)
岐阜県 9月7日  994 510 51.3%↓(54.1%)
静岡県 9月7日  1,910 1,063 55.7%↓(57.8%)
愛知県 9月7日  2,278 1,257 55.2%↓(56.7%)
三重県 9月7日 624 332 53.2%↓(54.4%)
福井県 8月21日  780 335 42.9%↑(39.2%)
滋賀県 8月21日  585 356 43.8%↑(36.5%)
京都府 8月21日  1,499 769 51.3%↑(39.6%)
大阪府 9月8日 4,644  2,177 46.9%↓(56.3%)
兵庫県 8月21日 2,498  1,395 55.8%↑(45.7%)
奈良県  9月1日  1,260 675 53.6%↑(53.5%)
和歌山県 8月21日  611 288 47.1%↑(40.7%)
鳥取県 11月17日 223 71 31.8%↑(30.7%)
島根県 11月17日  204 55 27.0%↓(30.4%)
岡山県 11月17日  1,122 341 30.4%↓(41.3%)
広島県 11月17日  718 275 38.3%↓(42.5%)
山口県 11月17日 1,006 287 28.5%↓(45.2%)
徳島県 10月26日  208 71 34.1%↑(29.9%)
香川県 10月26日 253 97 38.3%↑(27.5%)
愛媛県 10月26日 277 101 36.5%↑(22.6%)
高知県 10月26日  270 96 35.6%↑(26.1%)
福岡県 12月18日 2,780  1,512 54.4%↑(41.9%)
佐賀県 12月18日  672 347 51.6%↑( 30.5%)
長崎県 12月18日 494  246 49.8%↑(36.1%)
熊本県 12月18日  675 341 50.5%↑(43.4%)
大分県 12月18日 508 240 47.2%↑(41.7%)
宮崎県 12月18日 410 199 48.5%↑(34.7%)
鹿児島県 12月18日 769 324 42.5%↑(37.7%)
沖縄県 12月18日 664 287 43.2%↑(37.3%)